吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

2021-07-24から1日間の記事一覧

小山田圭吾氏のいじめ問題、北尾修一氏の記事を読んで印象が一変

「クイック・ジャパン」vol.3掲載の「いじめ紀行」の取材現場に同席した、当時太田出版入社2年弱だった北尾修一氏(現・百万年書房)の記事を読んだ。これで小山田圭吾氏のイジメ問題に対する印象が一変してしまった。