吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

2021-08-03から1日間の記事一覧

表彰式のアスリート讃歌に鳥肌。佐藤直紀作曲、藤岡幸夫指揮・都響&東京混声合唱団の演奏

東京五輪で特に印象的なのは、表彰式の前に流れる音楽だ。作曲家の佐藤直紀氏が手掛けた「アスリートのための讃歌」だそうで、東京混声合唱団の高音部の女声合唱が会場に流れるたびに鳥肌が立つような感動を覚える。