吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

「被害・被害者」

『潜入旧統一教会』が指摘する「被害者バイアス」こそ狂気の反統一教会報道の元凶だ

『潜入旧統一教会』(徳間書店)を書いた窪田順生(まさき)氏は、同書の中で旧統一教会をめぐるマスコミ(メディア)報道の問題点をズバリ指摘している。 その問題点とは、自称被害者とその関係者しか取材せず、彼らの証言や提供資料だけをもとに記事や番組…

杉原誠四郎氏が宗教界へ覚醒促す。宗教法人法を踏みにじった岸田首相を批判/12月25日追記:小笠原家庭教会へ提案。行政不服審査法に基づき審査請求を行うべき!

政教分離問題の専門家で元武蔵野女子大学教授の杉原誠四郎氏が、『宗教新聞』12月10日号に「旧統一教会の供託金申し出の会見に思う」と題する寄稿を発表した。 先の臨時国会で教団の財産保全が議題に上がる中、教団トップが表明した「100億円供託案」につい…

共同通信外信部次長2人の“犯罪”「お金を返したから被害届を出さない」に笑った

共同通信社の外信部次長2人が、ソウル支局長だったとき、計5780万円を私的に流用したとして懲戒解雇された。 5780万円もの大金を何に使ったのか知らないが、1人2890万円として、発覚後2人ともポンと返還できるのも凄い。 笑ったのは「計約5780万円を既に返還…

訴訟取り下げ!統一教会に1億2353万円の損害賠償を求めた三重県四日市市の元女性信者/追記:取り下げの報道有り

統一教会に1億2353万円の損害賠償を求め、8月29日に提訴した三重県四日市市の元女性信者(94)が、12月6日に第1回口頭弁論が開かれる前に訴訟を取り下げたそうだ。 12月2日付けで統一教会広報局がプレスリリースを出した。 今回の訴訟取り下げは、1億2353万…

被害の途方もない誇張、デッチ上げ。弁護団&全国弁連は謝罪せよ。 国民を欺き、いたずらに反統一教会感情を煽ったことを!

統一教会の財産保全をめぐる報道は、相も変わらず「被害」の誇張、水増しという本質的な問題に踏み込まず、自称被害者の発言や全国弁連(全国霊感商法対策弁護士連絡会)、被害対策弁護団(全国弁連のフロント団体)に頼った報道ばかり続けている。 財産保全…

文化庁への素朴な疑問。「被害者」の相手方の言い分は聴取したの? 消費者契約法改正から10カ月半、取消権を行使した人は何人いるのかな?

デイリー新潮が、例によって煽り記事を出した。統一教会の財産保全をめぐって、慎重な自公国と立維が対立しているが、自公国を翻意させるべく、「やる気はあるのか!」とハッパをかけている。 マスコミやメディアは公権力の暴走をチェックし、国民の自由や人…

島田裕巳氏が全国弁連の「統一教会による巨額被害額」のデタラメを淡々と批判。「財産保全の必要なし」と結論付けたのは正解だが、最後にズッコケた

事実上、全国弁連への厳しい批判と言っていい。 宗教学者島田裕巳氏が「現代ビジネス」(ウェブ)に11月17日付けで発表した論考、「支持率回復にも繋がらない岸田首相のちぐはぐな旧統一教会解散請求~巨額献金の背景こそが本当の闇なのだが」がそれである。…

真っ赤なウソ! 東洋経済新報社『これだけは知っておきたい統一教会問題』~「被害総額1237億円超」のデタラメ

とっくの昔に真っ赤なウソと判明したことを、今なお堂々と吹聴し、統一教会を不当に貶めているのが東洋経済新報社だ。 同社が出版した『これだけは知っておきたい 統一教会問題』(島薗進編、23年8月刊)のAmazonの宣伝文を読んでたまげた。「35年で被害総額…

謝罪ではなくお詫び。絶妙だった統一教会トップの会見。最大100億円の供託提案で自称被害者の不安も払拭できる

1,「被害者も被害金額も不明確」。よって法的な謝罪ではなく「お詫び」 2,全国弁連や対策弁護団のデッチ上げに等しい虚構の「被害額」にノーを宣言 3,自称被害者が本当に「被害を受けた」と思うなら、民事訴訟を提起するのが筋 4,最大100億円の供託…

7日の統一教会トップの記者会見、大荒れの予感

7日午後の教団トップの会見は大荒れになることが予想される。マスコミや記者たちはジャニーズ事務所会見の経験を踏まえて臨んでくるはず。 共同の記事には「被害」「補償」という言葉が踊っている。こういう言葉が何を意味するか、ジャニーズ問題を想起すれ…

統一教会トップが謝罪? 最大100億円拠出? 公式謝罪と支払いは「新たな被害者と被害の発生」を認めること。これまでの説明と矛盾するではないか!

寝耳に水のニュースが飛び込んできた。朝日新聞。「信じられない」というのが正直な感想。 教団トップが、被害を訴える高額献金した人や2世信者に謝罪するんだそうだ。返金のため最大100億円を拠出する案を出すとも。 www.asahi.com 記事には次のような記述…

荒唐無稽! 潜在的な被害額が1,200億円? 統一教会被害対策弁護団がぶち上げた誇大妄想と大風呂敷

1,「潜在的な被害額1,200億円」という狂気じみた誇大妄想 2,「過去35年の被害総額1,237億円」も真っ赤なウソだった! 3,22年8月報道「2009年のコンプライアンス宣言後の被害額は138億円」のウソ。それは17倍に膨らませた数字だった! 4,「違法な正体…

【緊急】統一教会財産保全法案に断乎反対する!~背景には「現役信者は幹部を除き、全員が(潜在的)被害者だ」という全国弁連の荒唐無稽な主張がある

前回のブログは、10月22日にアップした「『35年で被害総額1,237億円』は6倍に誇張された数字~解散命令請求の理由公表で全国弁連とマスコミのウソが暴かれた!」へのScarletさんのコメントをもとに書いたものだ。 そのやり取り一部を転記し、場末のスナック…

「2009年コンプライアンス宣言後の被害額138億円」とデッチ上げの数字で国民の反統一教会感情を煽った全国弁連と毎日新聞

毎日新聞22年8月16日付けは、コンプライアンス宣言後の10年以降でも2,875件の被害相談があり、被害額は約138億円に及ぶと報じた。 ところが、23年9月30日の全国弁連の声明によると、「コンプライアンス(法令遵守)宣言後の被害額は約19.5億円」だという。金…

「35年で被害総額1,237億円」は6倍に誇張された数字~解散命令請求の理由公表で全国弁連とマスコミのウソが暴かれた!

解散命令請求を受けて統一教会が記者会見を行った後に発表した「10月16日記者会見における声明全文―宗教法人解散命令請求に対して」には、被害額の誇張を強い調子で非難したくだりがある。 全国弁連は1987年~2021年までの被害総額を約1,237億円と言ってきた…

2世信者代表の小嶌希晶さんと1世信者代表の柴沼邦彦氏。これで役者が揃った?

解散命令請求を受けて、旧統一教会本部で古参信徒の柴沼邦彦氏と「信者の人権を守る二世の会」の小嶌(こじま)希晶(きあき)さんがテレ朝の取材を受けた。 取材は受けないより受けた方がいいと思うが、テレ朝ニュースでの扱いは、アリバイ的に信者のコメン…

「被害総額1237億円」は壮大なウソだった! 対策弁護士連絡会にまんまと利用されたマスコミは恥を知るべき(2)/追記:全国弁連が消したデータの魚拓をアップ

全国霊感商法対策弁護士連絡会(対策弁護士連絡会、全国弁連)のデータをもとにマスコミが「被害額」として報じてきたものは、実は被害相談額だった。 当然、実際の被害額はそれよりも少ない。これまで「被害」の悪質な水増しが行われてきたと考えられる。そ…

「被害総額1237億円」は壮大なウソだった! 対策弁護士連絡会にまんまと利用されたマスコミは恥を知るべき(1)

統一教会による過去35年、1987年~2021年までの被害総額は1237億円に上る――とマスコミは繰り返し報道してきた。どのマスコミも横並びで、被害総額となると大抵この数字が出てくる。 出所は全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)。「情報源が同じなのだか…

立憲が旧統一教会の財産保全法案? 最高裁で「監禁と棄教の強要」を認定された職業的脱会屋・宮村峻氏をヒアリングに呼び、人権蹂躙の実態を隠蔽しながら、今度は違憲立法か!

立憲民主党が統一教会の財産を保全する特別措置法を臨時国会に提出するそうだ。なんでそんな法律が必要かというと、被害者救済のためなんだそうだ。 全くふざけた話だ。文科省が解散命令請求を出したとしても、裁判で最初から統一教会が負けると決まっている…

旧統一教会解散を熱望する人たち必読。売れているKindle版『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』。 これを読まずに「解散命令(請求)」を語るなかれ!/8月28日朝現在、紙版はまだamazonで買えない(怒)

売れているKindle版『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(中山達樹著、光言社)。 国際弁護士の中山達樹氏が書いた36ページの小冊子。Kindle版がよく売れている模様。 旧統一教会解散を切望する人たちは必読だ。これを読まずに「解散」「解…

中山達樹弁護士「解散命令あり得ない」、弁護士ドットコムのインタビューで熱く語る

『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(光言社)を刊行したばかりの中山達樹弁護士が、弁護士ドットコムに登場した。 「解散命令はあり得ない」「黒いところはない」と熱弁をふるっている。 案の定、批判が多いようだ。読めばなるほどと納得…

Kindle版『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(中山達樹著)が発売。これで全国民が読めるようになった!/安倍晋三「ピアノを弾いてみました」(涙)

中山達樹弁護士の『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(光言社)にKindle版が出た。この速さは画期的だ。 さっそく読んでいるが、これは非常に勉強になる。統一教会の解散に賛成している人も、読んでおいた方がいい。 いや、これを読まずに…

『拉致監禁―家庭連合(旧統一教会)に反対する人々』(22年9月刊)がamazonで発売中。「拉致監禁による強制的な脱会説得」と暗躍するキリスト教牧師・弁護士たちの実態が分かる全国民必読の書

『拉致監禁―家庭連合(旧統一教会)に反対する人々』(光言社、22年9月刊)が、いつの間にかアマゾンで買えるようになっていた。これは「拉致監禁による強制的な脱会説得」の全体像を知る上で非常に有益な本だ。 特に注目すべきは、拉致監禁による強制的な脱…

「被害者救済を掲げる弁護士」が統一教会信者の拉致への関与を認めた!~ダイヤモンド・オンライン窪田順生氏の画期的な記事

23年8月11日付けでダイヤモンド編集部が記事訂正したが、その内容が面白い。「旧統一教会から脱会させたいという家族が、キリスト教関係者や被害者救済を掲げる弁護士などからアドバイスを受けて信者を拉致して、」と訂正したのだ。 これはつまり、これまで…

トランプ元大統領(安倍元首相も?)のスピーチ代の原資は「日本の被害者から得たお金等」と言う紀藤正樹弁護士。またもトンデモ発言

1,鈴木エイト氏に負けるとも劣らない紀藤正樹氏のトンデモ発言 2,とどまるところを知らない紀藤正樹氏の妄想 3,「被害額」の大半が解決済みなのに、「被害総額は数千億円規模」「統一教会は破産する」と書く『月刊住職』の偏向報道 4,「日本の被害者から…

「青春と人生を捧げてきた宗教1世たち」はなぜ会を立ち上げ、全国弁連やマスコミの虚報と戦わないのか?~「二世の会」第3回シンポに思う

1,統一教会2世の会が第3回公開シンポジウムを告知 2,仏教界に出回る偽情報。発信源は『月刊住職』か? 3,「被害総額は判明分だけでも数千億円規模」のデタラメ 4,「被害総額」には、監禁された信者が返金請求の交渉を強要されたケースも含まれる。 5,後…

「統一教会は時間稼ぎ」のデタラメ発言。柳澤秀夫氏に質問したい~7月8日テレ朝news

1,柳澤秀夫氏の「統一教会は時間稼ぎをしている」というムチャクチャな暴言 2,柳澤秀夫氏は明確な根拠を示すべき 3,文化庁の言い分を鵜呑み。権力監視を旨とするジャーナリズム精神にもとると思わないのか? 4,不利になりそうなものは、出す必要がない。…

岸田内閣が解散命令を請求した時が、統一教会の事実上の「死」

1,岸田内閣が解散命令を請求した時が、統一教会の事実上の「死」 2,裁判所界隈には「統一教会=悪」のイメージが浸透し、世論は「解散させよ!」の大合唱。これで裁判に勝てると思う方がおかしい 3,岸田内閣の決断は「信教の自由」が守られるかどうか、…

「被害総額の虚構」、統一教会冊子「第2章 メディア報道、ここが間違っています」より

1,メディア報道、ここが間違っています 2,消費者相談の上位は消費者金融、放送(テレビ、ラジオ)、新聞などが常連 3,新聞の相談件数3年分は、統一教会の35年分の相談件数と同じ 4,統一教会についてだけ「相談件数」を実際の被害と同一とみなすインチキ …

被害者でっちあげ!霊感商法対策弁護士連絡会の手口~福田ますみさん「Hanada」7月号

1,「全国弁連の手口 被害者でっちあげ」。福田ますみさんの旧統一教会ルポが「Hanada」7月号に掲載 2,全国弁連が「旧統一教会の被害者は大勢いる」と大風呂敷を広げる理由 3,全国弁連が2009年3月25日のコンプライアンス宣言後も「被害」は続いているとハ…