吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

シンポジウム

ジャーナリストが旧統一教会報道を徹底検証:1・20シンポの動画公開~報道はなぜ暴走したのか?

tsurishinobu.hatenablog.com 上記拙ブログに書いた通り、1月20日に「旧統一教会報道はなぜ『暴走』したのか?」という公開シンポが行われた。 主催は統一教会系の国連NGO、UPF-Japan。安倍元首相がメッセージ動画を送った団体であり、最近では自称ジャーナ…

旧統一教会報道はなぜ「暴走」したのか?~1・20新春公開シンポジウム by UPF-Japan

旧統一教会報道はなぜ「暴走」したのか?~1・20新春公開シンポジウム by UPF-Japanが開催されるようだ。 upf-jp.org UPF-Japanのウェブサイトより

「家庭連合解散請求の不当性を訴える! 10・20信教の自由を守る福岡集会」の動画公開中。東京、名古屋、大阪、そして全国へ広がるか?

去る10月20日、「家庭連合解散請求の不当性を訴える~信教の自由を守る福岡集会」が開催された。 仏教界から現役の住職が登壇し、統一教会の解散に反対したこと。現役信者が顔出しで登壇し、同じく統一教会の解散反対を訴えたこと。『“人さらい”からの脱出』…

10・11仲正昌樹、徳永信一、窪田順生氏のシンポ動画公開中。テーマは「旧統一教会と政教分離」

10月11日、富山市で仲正昌樹・金沢大学教授(哲学)と保守派の徳永信一弁護士をパネラーとし、ダイヤモンド・オンラインでお馴染みのライター窪田順生氏が司会をするシンポジウムが開かれた。 これについては事前に紹介した。 tsurishinobu.hatenablog.com …

統一教会、「真の巨悪」は誰か(=全国霊感商法対策弁護士連絡会、職業的脱会屋、一部キリスト教牧師・宗教社会学者ほか)を考えるリンク集/随時更新

統一教会、「真の巨悪」は誰か(=全国霊感商法対策弁護士連絡会、一部キリスト教牧師、職業的脱会屋)を考えるリンク集を作成し、1つずつリンクしてきたが、多くなったのでひとまとめにすることにした。関連するサイト、情報源もなるべく網羅していきたい。

10・11「国家と宗教」シンポで仲正昌樹氏は何を語るのか? 徳永信一弁護士と討論。司会は窪田順生氏

来る10月11日(水)、「国家と宗教~その関係を問う」という公開シンポジウムが開かれる。 金沢大学教授の仲正昌樹氏と徳永信一弁護士がパネラーとなり、司会はダイヤモンド・オンラインでお馴染みのノンフィクション・ライター窪田順生氏。 場所は富山市の…

10月1日、島田裕巳氏(宗教学者)が宗教2世シンポに登壇。11日には仲正昌樹・金沢大学教授が富山市にて「国家と宗教」シンポに登場予定

臨時ニュース。画期的な企画だと思う。売れっ子宗教学者の島田裕巳氏は「信者の人権を守る二世の会」で何を語るのだろうか。 ついでにもう1つのニュース。10月11日(水)、富山市の富山県民会館で「国家と宗教 その関係を問う」と題するシンポジウムが開催さ…

モザンビーク「太陽中学・高校」宝山晶子理事長の愛と献身~『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポでの鴨野守氏講演①

6月24日に開催され、後日ダイジェスト版動画が公開された『家庭連合(旧統一教会)信者に人権はないのか』(グッドタイム出版)出版記念シンポジウムの4人の講演を、勝手にテキスト化している。 トップバッターの徳永信一弁護士に続き、2番手の鴨野守・一般…

10・1統一教会2世信者が島田裕巳(宗教学者)氏と語る第4回公開シンポ

来る10月1日(日曜)、「信者の人権を守る二世の会」が第4回公開シンポジウムを開催するとのこと。 同会は統一教会の現役2世信者が立ち上げた会だ。 統一教会本部の指揮・監督はなく、彼ら独自に企画を考え、運営しているという。 これに刺激されたのか、統…

9月10日16時「家族を破壊しているのは誰なのか!」旧統一教会「拉致監禁問題」特別シンポ、ライブ配信→引き続き全編公開中/追記:日本人ウルグアイ宣教師の宗教2世が「You Raise Me UP」を熱唱!

12年5カ月もの拉致監禁・強制棄教の被害に遭った後藤徹氏の「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」が9月10日(日曜)16時から特別シンポジウムを開き、ライブ配信するという。 同会ウェブサイトにお知らせが出ていた。

徳永信一弁護士『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポでの講演テキスト~訴訟提起の大義は立憲主義の回復と安倍元首相の名誉回復

23年6月24日に開催され、後日ダイジェスト版動画が公開された『家庭連合(旧統一教会)信者に人権はないのか』出版記念シンポジウム。 教団信者や関連団体は、富山市、富田林市、大阪市、大阪府、北九州市でなされた「関係断絶」の決議を名誉棄損と「宗教ヘ…

『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポジウム(6月24日開催)の動画公開

1,『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポ(6月24日)の動画公開 2,統一教会に絡んだ民事訴訟には不当判決が多い。暗躍する全国弁連の弁護士たち 3,NHK時論公論がイスラム教を念頭に「異なる宗教の人々に配慮が必要」と解説。だがNHKの統一教会…

政治学者・岩田温氏の早とちり~『WiLL』9月号「岸田をよびつけなさい」旧統一教会・韓鶴子にナメられた岸田首相②

1,異彩を放つ気鋭の政治学者、岩田温氏 2,FNNの「岸田をここに呼びつけて」は悪意に満ちた誤訳。ミヤネ屋の訳の方が正確 3,「誤訳と文脈無視のキリトリ報道だ」と早くから指摘していた統一教会2世たち 4,岩田氏がわざわざFNNの扇情的な訳を採用したのは…

「青春と人生を捧げてきた宗教1世たち」はなぜ会を立ち上げ、全国弁連やマスコミの虚報と戦わないのか?~「二世の会」第3回シンポに思う

1,統一教会2世の会が第3回公開シンポジウムを告知 2,仏教界に出回る偽情報。発信源は『月刊住職』か? 3,「被害総額は判明分だけでも数千億円規模」のデタラメ 4,「被害総額」には、監禁された信者が返金請求の交渉を強要されたケースも含まれる。 5,後…

世界日報の全248回連載「“拉致監禁”の連鎖」part9,10(2013年)~3年1カ月監禁された山田舞さん。監禁中、紀藤正樹弁護士が婚姻無効裁判を担当。棄教を強要したのは宮村峻氏

1,世界日報の長期連載「“拉致監禁”の連鎖」(2012~13年)。なぜ書籍化しなかったのか? 2,連載(Part9と10)に登場する脱会屋、キリスト教牧師、弁護士らのリスト 3,2013年2月「“拉致監禁”の連鎖」part9 4,2013年5~6月「“拉致監禁”の連鎖」part10 …

外務大臣表彰取り消し!世界平和女性連合モザンビーク「太陽学校」宝山晶子さんの“受難”に涙が溢れるの記

1,6月24日、『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポ開催 2,「モザンビーク」「世界平和女性連合」「宝山晶子」でピンときた。 3,モザンビークへ単身赴任、私立「太陽学校」創立で教育の質を劇的に向上させた世界平和女性連合の宝山晶子さん 4,…

徳永信一編著『家庭連合信者に人権はないのか』6月22日刊行予定/追記:まえがきの一部と目次が公開!/追記続:Kindle版も発売/追記続々:出版記念シンポの動画公開

1,保守派の論客、徳永信一弁護士の「月刊正論」3月号がベースか? 2,唯物的・反宗教的な日本社会が、似非科学の「マインド・コントロール論」をはびこらせる 3,「カルトと宗教は違う」としたり顔の宗教界は、自分で自分の首を絞めているようなもの 4,編…

『大学のカルト対策』櫻井義秀・大畑昇編著(北海道大学出版会)の批判的検証第2部~by魚谷俊輔

櫻井義秀・大畑昇編著『大学のカルト対策』(北海道大学出版会、2012年)第2部 第2部 カルト問題―学生相談との関連 日本学生相談学会第30回大会シンポジウム 挨拶 1 外来宗教とカルト問題(櫻井義秀) 2 カルトによるマインド・コントロール(パスカル・ズィ…

「信者の人権を守る二世の会」が4月23日に公開シンポ。「統一教会を解散させよ」と叫ぶ2世はいい加減、目を覚ますべき

1,4月23日に「信者の人権を守る二世の会」が公開シンポ 2,統一教会2世は特殊なのか? 3,統一教会が解散したら、悩める2世の苦境は救われるのか? 4,いくら教団を非難・攻撃しても、教団を解散させても、何の解決にもならない 5,「統一教会は解散を!」…

紀藤正樹弁護士を痛撃か?『間違いだらけの「マインド・コントロール」論~紀藤正樹弁護士への反論』(魚谷俊輔著)が刊行/【追記】AMAZONで販売開始!

1,『間違いだらけの「マインド・コントロール」論~紀藤正樹弁護士への反論と正しい理解』の刊行 2,ICSA(国際カルト研究協会)主催の国際会議に乗り込む。12年5か月監禁された後藤徹氏はスティーブン・ハッサンと論戦 3,拉致監禁が横行する日本の実態を…

いよいよ本性を露わに。リベラル河野太郎氏では日本は守れない

いよいよ河野太郎氏の本性が露わになった。敵基地攻撃能力の否定に続いて、今度は第一列島線(九州、沖縄)への米ミサイル網の配備にも反対の姿勢を示した。対中抑止の面からも、国際協調主義を掲げるバイデン政権との連携のためにも、そして日米同盟の深化…