吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

宗教2世

日本人ウルグアイ宣教師夫妻の統一教会2世の歌とメッセージ。反統一教会の宗教2世に聞きたい。彼女のどこが被害者なのか?

日本人の南米ウルグアイ宣教師夫妻のお嬢さん、つまり統一教会2世が、同教団の歌を日本語で歌い、その後、日本語で自己紹介して、最後の方ではスペイン語で何か話している。 その内容から、この女性が純粋な信者さんだと分かる。 彼女はとても楽しそうに見え…

『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポジウム(6月24日開催)の動画公開

1,『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポ(6月24日)の動画公開 2,統一教会に絡んだ民事訴訟には不当判決が多い。暗躍する全国弁連の弁護士たち 3,NHK時論公論がイスラム教を念頭に「異なる宗教の人々に配慮が必要」と解説。だがNHKの統一教会…

「青春と人生を捧げてきた宗教1世たち」はなぜ会を立ち上げ、全国弁連やマスコミの虚報と戦わないのか?~「二世の会」第3回シンポに思う

1,統一教会2世の会が第3回公開シンポジウムを告知 2,仏教界に出回る偽情報。発信源は『月刊住職』か? 3,「被害総額は判明分だけでも数千億円規模」のデタラメ 4,「被害総額」には、監禁された信者が返金請求の交渉を強要されたケースも含まれる。 5,後…

『小川さゆり、宗教2世』よりも売れてる『間違いだらけの「マインド・コントロール」論』

少なくともアマゾンを見る限り、魚谷俊輔著『間違いだらけの「マインド・コントロール」論』(賢仁舎刊)は、小川さゆり著『小川さゆり、宗教2世』(小学館刊)より売れてるようだ。 どちらも3月に出版されたが、前者は名もなき小出版社の本。後者は日本を代…

「信者の人権を守る二世の会」が4月23日に公開シンポ。「統一教会を解散させよ」と叫ぶ2世はいい加減、目を覚ますべき

1,4月23日に「信者の人権を守る二世の会」が公開シンポ 2,統一教会2世は特殊なのか? 3,統一教会が解散したら、悩める2世の苦境は救われるのか? 4,いくら教団を非難・攻撃しても、教団を解散させても、何の解決にもならない 5,「統一教会は解散を!」…

宗教2世の過去が壮絶? ならば暴力団員の子供たちの地獄の半生は何と表現すればよいのか?

1,宗教教育の押し付け? 親が宗教教育を行う権利は普遍的な人権として国際的に認められている 2,暴力団組員の子供たちにまつわるキーワード。宗教2世にはいくつ当てはまるのか? 3,ヤクザ・チルドレン3人の生き地獄の半生。これこそ「壮絶」と言うべきで…

立憲民主党は婚前交渉禁止の「エホバの証人」を批判するなら、インドネシア(=婚前交渉は禁錮1年)との断交を主張したらどうか!

立憲民主党は旧統一教会だけでは飽き足らず、エホバの証人への批判も強めているようだ。宗教というものを知らず、信教の自由を尊重する気もない政党が、「人権」の名を借りて暴走し続けている。 日本の宗教界は、旧統一教会への魔女狩りを黙認したことを、い…

統一教会の養子縁組で刑事告発見送りは当然。「人身売買」と罵倒した早大・棚村政行教授は養子縁組家庭に謝罪し、即刻辞職せよ!

厚労省が旧統一教会の養子縁組に関して、刑事告発を見送った。当然の決定だ。もともと火のないところに無理やり煙を起こして、薪をくべ、火事にしようとしたことが間違っている。 読売新聞web版23年2月1日より 旧統一教会の養子縁組あっせん、刑事告発見送り…

国政を動かす「小川さゆり」の真実。待望の月刊Hanada3月号に掲載~福田ますみ「ルポ統一教会第3弾」/追記「体を売ってでも献金しろ」について

1,マスコミは小川さゆり証言を、ちゃんとウラ取りして報じたのか? 2,証言を鵜呑みにすることがどれだけ危険か――2つの実例:吉田清治氏と元草津町議・新井祥子氏 3,被害を訴えて裁判になったら裁判所は必ず双方の言い分を聞く。マスコミは小川さゆりさん…

11日の産経新聞、佐藤優氏は「マインドコントロール」論を批判するも、記者の解説は「マインドコントロール」論を盲信

1,霊感対策弁護士ベッタリで思考停止に陥る産経新聞記者たち 2,佐藤優氏「家庭内での宗教教育の禁止は、共産党体制下の旧ソ連がやったこと」 3,個人的体験からしかものをみず、視野の狭い宗教2世たち 4,佐藤氏は、旧統一教会信者の拉致監禁を憂慮し、プ…

「宗教上の特性及び慣習」を踏みにじる発言だ。早大・棚村政行教授こそ養子縁組した信者を傷つけ、その尊厳を蹂躙している

今の日本人は旧統一教会のことになると、何を言っても許されると思っているようだ。こんなことで「反日無罪」の国、韓国を笑えるのか? 旧統一教会非難一色に染まり、誹謗・中傷雨あられ状態の日本。 1,菅野完氏が、毎日新聞の「ネット転載情報を転載した…

養子縁組、印象操作で旧統一教会のイメージダウンに躍起の報ステ~法的問題が問われるのは2018年以降の4年間のみ

旧統一教会への質問権行使とは別に、養子縁組問題がクローズアップされているが、相変わらずマスコミの偏向報道がひどい。 昨晩の遅い夕食時のこと。報ステがこの問題を取り上げていたので、見終わった後、妻に聞いてみた。 吊り忍「今やってた統一教会の養…

反統一教会勢力によるマインドコントロール理論の法案化は1勝1敗か~「1敗」=「被害救済法案」について

1,「被害救済法案」にマインドコントロール概念を盛り込もうとした立民・維新の試み 2,政府が提出する閣法はマインドコントロール概念を盛り込まず 3,西田公昭氏や全国弁連の主張を鵜呑みにした産経新聞の「マインドコントロール」肯定記事 4,伝統宗教を…

養子縁組の一体どこが「常軌を逸して」いるのか? 報ステ大越キャスターの暴言~元2世信者・小川さゆりさんらヒアリング

1,養子縁組あっせん法の施行は2018年。小川さゆりさんの妹たちの頃は法律そのものがなかった 2,子どものいない夫婦のための養子縁組。一体どこが問題? 3,精子の提供を受けて子どもを授かったレズビアンカップルを「新しい家族の形」として報じたNHKニュ…

健康的で清々しい宗教2世たち~熊本日日新聞が報道

熊本日日新聞10月30日(ウェブ版)に、旧統一教会2世信者3人のインタビューが載った。2世信者といっても被害者ではない。 kumanichi.com 統一教会の信者は全員マインドコントロールされた被害者だというのが全国霊感商法対策弁護士会連絡会(全国弁連)の歪…

統一教会「元信者」「宗教2世」の証言が正しいとは限らない。職業的脱会屋・宮村峻氏と連携するTBS「報道特集」の出演者も疑ってかかる必要がある!

1,東スポ「四つん這い」誤報のネタ元になった元信者 2,産経新聞で「すべての2世が」と断言した宗教2世で元信者の40代女性 3,献金の「上限10分の3」を「10分3まで献金する義務」と勘違いして非難した元信者女性 4,1993年9月13日放映のTBS「報道特集」で、…

「旧統一教会との関係を断つ」との岸田首相発言は、露骨なマイノリティー宗教差別で違憲

岸田首相が「旧統一教会との関係を断つ」と宣言し、自民党としてもこれを徹底すると述べた。茂木自民党幹事長は、決定を守れない者は離党してもらうとまで踏み込んだ。 「聞く力」を発揮したつもりだろうが、芯のない政治家はこれだから困る。この先、自民党…

元信者40代女性「すべての2世が理不尽な生き方を~」告白の信憑性に重大な疑問。ウソ証言を垂れ流す産経新聞に強く抗議する!

8月18日のブログで長くなるので書かなかったが、忘れないうちに書いておく。 産経新聞8月6日の記事「安倍氏銃撃の残響・上」は、事件を「冷酷なテロ」と厳しく非難する点で納得のゆくものだった。 その一方、とても納得できない記述もあった。それは元信者の…