吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

徳永信一

仲正昌樹、徳永信一、窪田順生の3氏が統一教会問題を討論~10・11富山シンポジウムの要旨公開。解散命令請求、信教の自由、政教分離など

10月11日、新刊『潜入旧統一教会』(徳間書店)が絶好調のライター、窪田順生氏が司会、売れっ子哲学者で元統一教会信者の仲正昌樹・金沢大学教授と保守派の徳永信一弁護士がパネラーのシンポジウムが開かれた。 場所は富山市内の会場。主催は統一教会系の市…

統一教会のウェブサイトを見ても裁判情報がよく分からない~UPF大阪「こんなことで委員会?!」って何?

統一教会が紀藤正樹弁護士や有田芳生元参院議員らを訴えた裁判、現在どうなっているのかと思って時々、教団のウェブサイトを覗いてみるのだが、情報がない。 教団サイドとすれば、今さら名誉毀損裁判で勝とうと負けようと、解散命令をめぐる裁判で勝たなけれ…

11・3新潟シンポ「家庭連合信者に人権はないのか」動画公開中~「監禁と棄教の強要」の確信犯、新津福音キリスト教会・松永堡智牧師の膝元で

11月3日、新潟で拉致監禁・強制改宗被害者の会(代表・後藤徹氏)が主催するシンポジウムが開かれた。その動画が同会ホームページにアップされている。 小出医師の拉致監禁の黒幕は職業的脱会屋の宮村峻(たかし)氏である。裁判所が人身保護請求を出したに…

「家庭連合解散請求の不当性を訴える! 10・20信教の自由を守る福岡集会」の動画公開中。東京、名古屋、大阪、そして全国へ広がるか?

去る10月20日、「家庭連合解散請求の不当性を訴える~信教の自由を守る福岡集会」が開催された。 仏教界から現役の住職が登壇し、統一教会の解散に反対したこと。現役信者が顔出しで登壇し、同じく統一教会の解散反対を訴えたこと。『“人さらい”からの脱出』…

10・11仲正昌樹、徳永信一、窪田順生氏のシンポ動画公開中。テーマは「旧統一教会と政教分離」

10月11日、富山市で仲正昌樹・金沢大学教授(哲学)と保守派の徳永信一弁護士をパネラーとし、ダイヤモンド・オンラインでお馴染みのライター窪田順生氏が司会をするシンポジウムが開かれた。 これについては事前に紹介した。 tsurishinobu.hatenablog.com …

「Hanada」11月号に『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に, 解散請求の要件なし』の広告が載っていた

中山達樹著『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(光言社、220円。ブックレットの他にAmazon Kindle版も有り)の広告が「月刊Hanada」11月号に載っていた。 同じ号の徳永信一弁護士「旧統一教会解散請求は危険」は、前半部で文科省(文化庁…

敗訴が決まったも同然の鈴木エイト氏。2つの名誉毀損訴訟の注目点は、エイト氏の代理人弁護士は誰か? 何人か?

1つめは12年5カ月監禁された後藤徹氏によるもの。10月4日、後藤氏と原告代理人の中山達樹弁護士が記者会見を開いた。 統一教会の関連団体UPF(国連NGO)も10月4日付けで鈴木エイト氏提訴を発表した。 UPFが安倍元首相に5,000万円払ったとエイト氏は吹きまく…

【緊急】鈴木エイト氏ついに名誉毀損で訴えられる。原告代理人は凄腕国際弁護士の中山達樹氏。安倍元首相がメッセージを送ったあのUPFも提訴準備中!

反統一教会活動家の自称ジャーナリスト、鈴木エイト氏がついに名誉毀損で訴えられるようだ。 凄腕国際弁護士の中山達樹氏がブログで明らかにした。中山弁護士が原告(12年5カ月監禁された後藤徹氏)の代理人を務める。 なお、後藤徹氏が訴えるだけでなく、安…

10・11「国家と宗教」シンポで仲正昌樹氏は何を語るのか? 徳永信一弁護士と討論。司会は窪田順生氏

来る10月11日(水)、「国家と宗教~その関係を問う」という公開シンポジウムが開かれる。 金沢大学教授の仲正昌樹氏と徳永信一弁護士がパネラーとなり、司会はダイヤモンド・オンラインでお馴染みのノンフィクション・ライター窪田順生氏。 場所は富山市の…

10月1日、島田裕巳氏(宗教学者)が宗教2世シンポに登壇。11日には仲正昌樹・金沢大学教授が富山市にて「国家と宗教」シンポに登場予定

臨時ニュース。画期的な企画だと思う。売れっ子宗教学者の島田裕巳氏は「信者の人権を守る二世の会」で何を語るのだろうか。 ついでにもう1つのニュース。10月11日(水)、富山市の富山県民会館で「国家と宗教 その関係を問う」と題するシンポジウムが開催さ…

徳永信一弁護士『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポでの講演テキスト~訴訟提起の大義は立憲主義の回復と安倍元首相の名誉回復

23年6月24日に開催され、後日ダイジェスト版動画が公開された『家庭連合(旧統一教会)信者に人権はないのか』出版記念シンポジウム。 教団信者や関連団体は、富山市、富田林市、大阪市、大阪府、北九州市でなされた「関係断絶」の決議を名誉棄損と「宗教ヘ…

統一教会本体が北九州市を提訴! 国際規範に違反する「宗教ヘイト」を問題視

「旧統一教会が北九州市を提訴? 北九州市ならとっくに訴えていたんじゃなかったっけ。何かの間違いか」と思ってよく見たら、やはり本当だった。 今回の提訴は統一教会本体が起こしたもの。原告代理人は教団の顧問弁護士ではなく、徳永信一弁護士が務める模…

『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポジウム(6月24日開催)の動画公開

1,『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポ(6月24日)の動画公開 2,統一教会に絡んだ民事訴訟には不当判決が多い。暗躍する全国弁連の弁護士たち 3,NHK時論公論がイスラム教を念頭に「異なる宗教の人々に配慮が必要」と解説。だがNHKの統一教会…

速報! 統一教会関連団体が富山市を提訴。代表はNHKクローズアップ現代にも出た鴨野守氏/追記:各メディアが続々報道/続報:詳細な内容判明!

統一教会関連団体の富山県平和大使協議会が富山市を提訴したようだ。代表はNHKクローズアップ現代にも出た鴨野守氏。 報道したのは、偏向報道を繰り返して無知な大衆から“喝采を浴びた”、あのチューリップテレビ。 チューリップテレビのウェブサイトより new…

外務大臣表彰取り消し!世界平和女性連合モザンビーク「太陽学校」宝山晶子さんの“受難”に涙が溢れるの記

1,6月24日、『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポ開催 2,「モザンビーク」「世界平和女性連合」「宝山晶子」でピンときた。 3,モザンビークへ単身赴任、私立「太陽学校」創立で教育の質を劇的に向上させた世界平和女性連合の宝山晶子さん 4,…

徳永信一編著『家庭連合信者に人権はないのか』6月22日刊行予定/追記:まえがきの一部と目次が公開!/追記続:Kindle版も発売/追記続々:出版記念シンポの動画公開

1,保守派の論客、徳永信一弁護士の「月刊正論」3月号がベースか? 2,唯物的・反宗教的な日本社会が、似非科学の「マインド・コントロール論」をはびこらせる 3,「カルトと宗教は違う」としたり顔の宗教界は、自分で自分の首を絞めているようなもの 4,編…

「安田慎さんの裁判を支援する会」へのカンパ、21日付けで70万円を突破と発表

「信教の自由」「請願権」を侵害されたとして、「旧統一教会との断絶決議」の取消しを求めて富山市を提訴した勇気ある男性、安田慎(まこと)さん。 その支援団体「安田慎さんの裁判を支援する会」HPによると、HP開設から約1週間後の1月21日、カンパの額が70…

「断絶決議」取消しを求める裁判続報。富山市で「安田慎さんを支援する会」立ち上げ。信者でない人も支援しよう!

「富山市議会が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)及び関係団体と一切の関係を断つ決議」の取消しを求めて、富山市に対して訴訟を起こした安田慎(まこと)氏を支援する動きが公になった。 「安田慎さんの裁判を支援する会」HPの開設は1月13日。遅ればせな…

「旧統一教会との断絶決議」は憲法上も、国際人権規約から見ても「信教の自由」を侵害~富山市を提訴した信者の記者会見(動画・テキスト)

■富山市を提訴した記者会見の動画および声明・発言のテキスト 1、富山市議会による「関係断絶」決議の取消を求める 2、公の機関が関係を断つことの問題点 3、原告 冒頭声明 4、報道のあり方への思い 5、決議の影響 弁護士の解説 6、親しくしてきた議員…

「関係断絶」決議の取消を求め富山市を提訴した旧統一教会信者の訴状を全文公開

12月16日に「関係断絶」決議(「富山市議会が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)及び関係団体と一切の関係を断つ決議」)の取消しを求めて、富山市を相手に訴訟を起こした50代の旧統一教会信者、安田慎(まこと)氏の訴状がツイッターで公開されていた。 公…

徳永信一弁護士の持っている『逐条解説宗教法人法』は古いが、大丈夫か?

旧統一教会の信者や関連団体が富山市や大阪市などを提訴した裁判で、原告側代理人を務める徳永信一弁護士。 ツイッターを見てると、信者さんの書き込みが多いが、中には何度も突っかかってきたり、議論を挑んできたりする元信者、非信者もいて、いちいち相手…

旧統一教会側代理人となった徳永信一弁護士とはどんな人?/追記:月刊「正論」23年3月号論文/追記:『家庭連合信者に人権はないのか』刊行!/更に追記あり

徳永信一弁護士は保守派弁護士として著名な人だが、名前は知っていても、それ以上の特別な知識があるわけではない。 旧統一教会信者が起こした訴訟で、立て続けに2件の原告代理人を引き受けたということは、おそらく本腰を入れて弁護するということだろう。 …

旧統一教会の関連団体UPFが大阪市と富田林市を提訴。富山市に続く第2弾

12月16日に旧統一教会信者の男性が富山市を提訴したのに続き、23日、今度は旧統一協会の関連団体、UPF(天宙平和連合)大阪支部が大阪市と富田林市を提訴した。 映像を見たところ、原告代理人は徳永信一弁護士だった。 MBSNEWS12月23日より www.mbs.jp 旧統…

旧統一教会信者が富山市を提訴。「関係断絶」決議の取消し求める。原告代理人は保守派の硬骨漢、徳永信一弁護士

とうとう現役の信者が声を上げたようだ。何事も先陣を切るのは勇気がいる。 原告代理人は保守派の徳永信一弁護士。 沖縄集団自決訴訟、朝鮮総連租税減免取消訴訟、孔子廟訴訟、琉球新報言論封殺訴訟、靖国訴訟(補助参加)などを手掛けた戦う弁護士だ。 評判…