吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

拉致監禁

伊東選手側を「スラップ」と決めつける紀藤正樹弁護士は自らスラップ(恫喝)を行った過去をどう説明するのか?

紀藤正樹弁護士がXで伊東純也選手の性加害疑惑に口をはさんで炎上したという。 伊東選手が女性側を虚偽告訴に加えて民事でも提訴したことを「典型的なスラップ類型の訴訟」と評したそうだ。 訴えるなら週刊新潮も訴えるべきと言うのだが、「そんな馬鹿な」と…

鈴木エイト名誉毀損訴訟の第1回口頭弁論は「24年1月31日(火)東京地裁712法廷」。ただし真偽は不明/追記:鈴木エイト陣営のウソ発覚!

12年5カ月監禁され、棄教を強要された統一教会信者の後藤徹氏(拉致監禁・強制改宗被害者の会代表)が、自称ジャーナリストの鈴木エイトを名誉毀損で訴えた裁判。原告と被告、それぞれに支援する会ができている。 鈴木エイト氏を支える会によると、第1回弁論…

紀藤正樹弁護士と脱会屋の深い関係。脱会屋とは、監禁された統一教会信者に棄教を強制する人ですが…

「すごい」の一語に尽きる。中山達樹弁護士のブログに衝撃的な図が載っていた。「紀藤正樹弁護士と脱会屋の深い関係」をひと目で分かるようにした図だ。 言わんとすることはよくわかっているつもりだが、こうやって図で見せられると強烈なインパクトがある。…

鈴木エイト裁判に提出された拉致監禁の黒幕、宮村峻(=立憲民主党が統一教会ヒアリングに呼んだ!)インタビュー。「拉致監禁による強制的な脱会説得」裁判で敗訴した男は何を語っていたか?

「鈴木エイト名誉毀損訴訟原告後藤徹氏を応援するブログ」に、10月27日付けで新しい書面がアップされた。 今回、拉致監禁の黒幕で職業的脱会屋の宮村峻にインタビューした米本和広氏の陳述書が掲載された。 鈴木エイト氏は12年5カ月監禁された後藤徹氏を「引…

11・3新潟シンポ「家庭連合信者に人権はないのか」動画公開中~「監禁と棄教の強要」の確信犯、新津福音キリスト教会・松永堡智牧師の膝元で

11月3日、新潟で拉致監禁・強制改宗被害者の会(代表・後藤徹氏)が主催するシンポジウムが開かれた。その動画が同会ホームページにアップされている。 小出医師の拉致監禁の黒幕は職業的脱会屋の宮村峻(たかし)氏である。裁判所が人身保護請求を出したに…

拉致監禁・強制棄教により自殺した27歳女性のルポ掲載。夫は韓国人~『日本収容所列島』(2010年刊)Kindle版が発売された

「拉致監禁による強制的な脱会説得」により自殺した女性(27歳)がいることは、23年6月24日に都内で開かれた『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポジウムで紹介されていた。 この話をもっと詳しく知りたいと思ったら、『日本収容所列島』(梶栗玄…

偉そうに統一教会を非難する江川紹子は「月刊正論」12月号を読んだのか?「拉致監禁・強制棄教」の人権侵害に無視を決め込んできた責任をとるべきだ!

「月刊正論」12月号はAmazonで11月1日に発売されるとすぐ「ベストセラー」マークが付き、ほどなくして品切れとなった。 今号は3つの特集がどれも強力だったこが、なんといっても第1特集「旧統一教会解散命令請求への疑義」の破壊力が凄かった。 ところで、朝…

「家庭連合解散請求の不当性を訴える! 10・20信教の自由を守る福岡集会」の動画公開中。東京、名古屋、大阪、そして全国へ広がるか?

去る10月20日、「家庭連合解散請求の不当性を訴える~信教の自由を守る福岡集会」が開催された。 仏教界から現役の住職が登壇し、統一教会の解散に反対したこと。現役信者が顔出しで登壇し、同じく統一教会の解散反対を訴えたこと。『“人さらい”からの脱出』…

『踏みにじられた信教の自由』(光言社)がAmazonで販売開始。4300人に上る拉致監禁の背景、キリスト教牧師の暗躍、「血分け」の真相を知る必読書

ふと気が付いたら太田朝久著『踏みにじられた信教の自由―多発する信者失踪事件の背景』(光言社、2008年、本体2,000円)がamazonで販売されていた。 この本は「拉致監禁による強制的な脱会説得」の実態、キリスト教牧師や左翼弁護士らが背後でどうつながって…

「統一教会解散命令請求への疑義」(チャンネル正論)~西岡力氏登場の「月刊正論」12月号はメガトン級だ!

「月刊正論」12月号は統一教会問題でメガトン級の3本立て。見出しを見るだけでゾクゾクする。目次を見てのとりあえずの感想は先日アップした。 そして今日、チャンネル正論が「解散命令請求への疑義」と題して、読みどころの解説動画を公開した。出演は田中…

「チラシを作ってみました」という方の作品(1号修正最終版)~旧統一教会への宗教迫害、魔女狩りへの抗議

Scarletさんのコメントでご紹介いただいた「だいほんえいペンタゴンです!」氏のブログを拝見。 10月1日付け「チラシを作ってみました」に試作1号が公開されていた。 よくまあ、こんな手の込んだものを作れるなあと感心することしきりだ。

「2009年コンプライアンス宣言後の被害額138億円」とデッチ上げの数字で国民の反統一教会感情を煽った全国弁連と毎日新聞

毎日新聞22年8月16日付けは、コンプライアンス宣言後の10年以降でも2,875件の被害相談があり、被害額は約138億円に及ぶと報じた。 ところが、23年9月30日の全国弁連の声明によると、「コンプライアンス(法令遵守)宣言後の被害額は約19.5億円」だという。金…

櫻井義秀著&橋爪大三郎著への反論をKindle版で2冊同時発売~統一教会の知的反撃

5月27日、統一教会の広報が橋爪大三郎氏の新刊『日本のカルトと自民党』(集英社)に対する反論を掲載した。 統一教会は8月、櫻井義秀氏の『統一教会―性・カネ・恨(ハン)から実像に迫る』(中公新書、23年3月)にも反論文を出している。 そして10月17日、…

櫻井義秀氏=党派的立場を鮮明にする似非宗教社会学者の正体を暴く①~北海道大学出版会『統一教会』他

櫻井義秀・北海道大学大学院教授といえば、昨夏の安倍元首相暗殺事件以降、旧統一教会問題がクローズアップされる中で各種メディアに引っ張りだことなった宗教社会学者である。 しかし、UPF日本支部の魚谷俊輔氏は、2016年3月から2020年8月にかけて、研究者…

12年5カ月監禁された後藤徹氏に関するルポ公開。鈴木エイト氏の名誉毀損はもはや明白だ!

世界日報は2010年から13年にかけて、248回に及ぶ長期連載で「拉致監禁による強制的な脱会説得」の問題を取り上げ、ルポや関係者へのインタビューを掲載した。 今回、12年5カ月監禁された統一教会信者の後藤徹氏が鈴木エイト氏を名誉毀損で訴えたのを機に、世…

「被害総額1237億円」は壮大なウソだった! 対策弁護士連絡会にまんまと利用されたマスコミは恥を知るべき(2)/追記:全国弁連が消したデータの魚拓をアップ

全国霊感商法対策弁護士連絡会(対策弁護士連絡会、全国弁連)のデータをもとにマスコミが「被害額」として報じてきたものは、実は被害相談額だった。 当然、実際の被害額はそれよりも少ない。これまで「被害」の悪質な水増しが行われてきたと考えられる。そ…

敗訴が決まったも同然の鈴木エイト氏。2つの名誉毀損訴訟の注目点は、エイト氏の代理人弁護士は誰か? 何人か?

1つめは12年5カ月監禁された後藤徹氏によるもの。10月4日、後藤氏と原告代理人の中山達樹弁護士が記者会見を開いた。 統一教会の関連団体UPF(国連NGO)も10月4日付けで鈴木エイト氏提訴を発表した。 UPFが安倍元首相に5,000万円払ったとエイト氏は吹きまく…

【緊急】鈴木エイト氏ついに名誉毀損で訴えられる。原告代理人は凄腕国際弁護士の中山達樹氏。安倍元首相がメッセージを送ったあのUPFも提訴準備中!

反統一教会活動家の自称ジャーナリスト、鈴木エイト氏がついに名誉毀損で訴えられるようだ。 凄腕国際弁護士の中山達樹氏がブログで明らかにした。中山弁護士が原告(12年5カ月監禁された後藤徹氏)の代理人を務める。 なお、後藤徹氏が訴えるだけでなく、安…

立憲が旧統一教会の財産保全法案? 最高裁で「監禁と棄教の強要」を認定された職業的脱会屋・宮村峻氏をヒアリングに呼び、人権蹂躙の実態を隠蔽しながら、今度は違憲立法か!

立憲民主党が統一教会の財産を保全する特別措置法を臨時国会に提出するそうだ。なんでそんな法律が必要かというと、被害者救済のためなんだそうだ。 全くふざけた話だ。文科省が解散命令請求を出したとしても、裁判で最初から統一教会が負けると決まっている…

「現役信者を救え!」と檄を飛ばすハレンチな山口広弁護士。30年も前の事案を持ち出したNHK「危険なささやき」。今抗議行動を起こさないでいつ起こすのか?/サザン「彩~Aja~」

夜7時のNHKニュースを見ていたら、なんと山口広弁護士が出てきた。例の「文鮮明は地獄へ堕ちろ!」と叫んだ人物である。 いよいよ解散命令請求が出るということで、こんなことを言い出した。 最大の被害者は現役の信者たちだというのである。被害者である現…

NHK「危険なささやき」のモデルは「拉致監禁による強制的な脱会説得」でやめた元信者。監禁中に一方的な憎悪、敵愾心を植え付けられた可能性が高い

NHKが9月23日に放映した「危険なささやき」。たぶんそうだろうと思ったが、案の定、拉致監禁されて脱会した元信者だった。 中山達樹弁護士が該当する裁判記録を入手し、事実関係を暴露した。 裁判記録を元に番組を作ったと言いながら、その裁判記録にははっ…

紀藤正樹氏「弁護士や牧師がかかわっているケースで拉致監禁はない」のウソ(加筆有り)~荻窪栄光教会・森山諭牧師は「拉致監禁」の先駆者、その弟子が職業的脱会屋・宮村峻氏

紀藤正樹弁護士は、2010年7月、アメリカのニュージャージー州フォートリーで開催された「ICSA(国際カルト研究協会)」の国際会議で、統一教会信者への「拉致監禁による強制的な脱会説得」に関し、次のような発言をした。 <親がやり過ぎるケースは世界のど…

「救出のために戦ってきた森山諭牧師」という真っ赤なウソ。まだ目が覚めないのか!

hatenaの「ドタバタ&ユッタリズムのジェットコースター」ブログにこんな記事があった。ブログ主はチーチャン(psa3103)さん。 そこにこんな記述が出てくる。 「わたしはその意味では1世で、はるか昔に統一教会を脱会させてもらい、幸いにも昔から救出のた…

9月10日16時「家族を破壊しているのは誰なのか!」旧統一教会「拉致監禁問題」特別シンポ、ライブ配信→引き続き全編公開中/追記:日本人ウルグアイ宣教師の宗教2世が「You Raise Me UP」を熱唱!

12年5カ月もの拉致監禁・強制棄教の被害に遭った後藤徹氏の「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」が9月10日(日曜)16時から特別シンポジウムを開き、ライブ配信するという。 同会ウェブサイトにお知らせが出ていた。

小出浩久著『“人さらい”からの脱出・改訂版』(光言社刊)がamazonにて予約注文受付中。「拉致監禁による強制的な脱会説得」の生の実態を証言~紀藤正樹・山口広弁護士、有田芳生氏、宮村峻氏らが実名で登場。TBS、週刊文春も!/Kindle版はもう読める!

ついに現役医師が書いた、生々しい「拉致監禁による強制的な脱会説得」の体験手記が改訂版という形で光言社から復刻された。 著者は「月刊Hanada」22年12月号の「ルポ統一教会」シリーズ第1回で、ノンフィクション作家福田ますみさんのインタビューを受けた…

販売再開! ブックレット『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(中山達樹著)がアマゾンにて絶賛発売中/追記:あっという間に売り切れ!~翌7日朝には注文受付可能に!

8月16日に刊行され、アマゾンで発売直後すぐ売り切れてしまい、しばらく注文できなかったが、やっとブックレット『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』が販売再開された。 Kindle版は当初から販売している。紙でも電子でもいいが、この本は統…

旧統一教会解散を熱望する人たち必読。売れているKindle版『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』。 これを読まずに「解散命令(請求)」を語るなかれ!/8月28日朝現在、紙版はまだamazonで買えない(怒)

売れているKindle版『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(中山達樹著、光言社)。 国際弁護士の中山達樹氏が書いた36ページの小冊子。Kindle版がよく売れている模様。 旧統一教会解散を切望する人たちは必読だ。これを読まずに「解散」「解…

中山達樹弁護士「解散命令あり得ない」、弁護士ドットコムのインタビューで熱く語る

『拝啓岸田文雄首相 家庭連合に、解散請求の要件なし』(光言社)を刊行したばかりの中山達樹弁護士が、弁護士ドットコムに登場した。 「解散命令はあり得ない」「黒いところはない」と熱弁をふるっている。 案の定、批判が多いようだ。読めばなるほどと納得…

『拉致監禁―家庭連合(旧統一教会)に反対する人々』(22年9月刊)がamazonで発売中。「拉致監禁による強制的な脱会説得」と暗躍するキリスト教牧師・弁護士たちの実態が分かる全国民必読の書

『拉致監禁―家庭連合(旧統一教会)に反対する人々』(光言社、22年9月刊)が、いつの間にかアマゾンで買えるようになっていた。これは「拉致監禁による強制的な脱会説得」の全体像を知る上で非常に有益な本だ。 特に注目すべきは、拉致監禁による強制的な脱…

「被害者救済を掲げる弁護士」が統一教会信者の拉致への関与を認めた!~ダイヤモンド・オンライン窪田順生氏の画期的な記事

23年8月11日付けでダイヤモンド編集部が記事訂正したが、その内容が面白い。「旧統一教会から脱会させたいという家族が、キリスト教関係者や被害者救済を掲げる弁護士などからアドバイスを受けて信者を拉致して、」と訂正したのだ。 これはつまり、これまで…