吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

統一教会

旧統一教会への報道バッシングに対し関連団体のUPFが反論(動画あり)

気が付いたらUPF(天宙平和連合)日本支部が公式noteを始めていた。 UPF-Japanの公式noteより note.com UPFは国連経済社会理事会(ECOSOC)の総合協議資格を持つ国連NGOである。この資格を取るのは、そう簡単ではない。いや、かなり難しい。 旧統一教会バッ…

マッシモ・イントロヴィニエ著『安倍晋三暗殺と統一教会』(The Assassination of Shinzo Abe and the Unification Church)、どこか翻訳出版してくれませんか?

世界的に著名な宗教社会学者、マッシモ・イントロヴィニエ氏が昨年10月、『The Assassination of Shinzo Abe and the Unification Church(安倍晋三暗殺と統一教会)』という著作を出版した。 山上裁判が始まる前の段階で、著者がイタリアから日本の統一教会…

旧統一教会の養子縁組を「子どもの福祉に反する」と非難する棚村政行教授に聞きたい。第三者の精子提供による妊娠・出産は問題ないのか?

旧統一教会の養子縁組を「人身売買に類する行為」「子どもの福祉に反する」と非難する早稲田大学の棚村政行教授に聞きたい。 1,金銭授受が発生していないのになぜ「人身売買」を持ち出し、あたかも信者がカネ目当てで養子縁組をしているように言うのか? 旧…

統一教会の養子縁組で刑事告発見送りは当然。「人身売買」と罵倒した早大・棚村政行教授は養子縁組家庭に謝罪し、即刻辞職せよ!

厚労省が旧統一教会の養子縁組に関して、刑事告発を見送った。当然の決定だ。もともと火のないところに無理やり煙を起こして、薪をくべ、火事にしようとしたことが間違っている。 読売新聞web版23年2月1日より 旧統一教会の養子縁組あっせん、刑事告発見送り…

国政を動かす「小川さゆり」の真実。待望の月刊Hanada3月号に掲載~福田ますみ「ルポ統一教会第3弾」/追記「体を売ってでも献金しろ」について

ルポ統一教会の第1弾「新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪」、第2弾「独占スクープ! 統一教会問題の『黒幕』」に続き、第3弾は「スクープ! 両親が覚悟の独占告白 国政を動かす『小川さゆり』の真実」だった。 連載を1回休んで月刊「Hanada」3月号に掲載…

三流大衆紙の日刊ゲンダイ(Digital)が韓国「世界日報」をベタ褒めの怪~褒め殺しか?/三流月刊誌「選択」が名誉棄損で敗訴(追記)

遅ればせながら、三流大衆紙として有名な日刊ゲンダイのDigital版が、韓国「世界日報」をベタ褒めする寄稿を載せていることを知った(紙媒体の方は不明)。 書いたのは三流大衆紙の記者ではなく、一応日本の2大通信社の1つとされている共同通信の編集委員兼…

鈴木エイト氏はいつから予言者になったのか? 「霊感」のなせるわざ、それとも「お告げ」でもあったの?

2022年夏以降、神がかり的な活躍を見せ、紀藤正樹弁護士とともに一躍マスコミの寵児となった鈴木エイト氏。 彼らが疑似科学用語の「マインド・コントロール」という言葉を社会にまき散らしたのは、「流行語大賞」を狙ってのことかと思われたが、思惑は外れた…

「安田慎さんの裁判を支援する会」へのカンパ、21日付けで70万円を突破と発表

「信教の自由」「請願権」を侵害されたとして、「旧統一教会との断絶決議」の取消しを求めて富山市を提訴した勇気ある男性、安田慎(まこと)さん。 その支援団体「安田慎さんの裁判を支援する会」HPによると、HP開設から約1週間後の1月21日、カンパの額が70…

「断絶決議」取消しを求める裁判続報。富山市で「安田慎さんを支援する会」立ち上げ。信者でない人も支援しよう!

「富山市議会が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)及び関係団体と一切の関係を断つ決議」の取消しを求めて、富山市に対して訴訟を起こした安田慎(まこと)氏を支援する動きが公になった。 「安田慎さんの裁判を支援する会」HPの開設は1月13日。遅ればせな…

チャンネル正論が「安倍元首相暗殺犯擁護 危険な風潮」を公開(動画)

チャンネル正論(月刊「正論」の動画チャンネル)が「安倍元首相暗殺犯擁護 危険な風潮」を公開した。約11分半。 聞き手はチャンネル正論を主宰する元産経新聞政治部長で月刊「正論」発行人の有元隆志氏。解説は「正論」編集委員の安藤慶太氏だ。 産経新聞が…

花田編集長が杉原誠四郎氏の論考「『統一教会魔女狩り騒動』を断罪!」を絶賛。宗教法人審議会の委員たちは政府の操り人形か?

月刊「Hanada」2月号に掲載された杉原誠四郎氏の「『統一教会魔女狩り騒動』を断罪~法治国家としてあり得ない常識を逸した統一教会叩き」を花田紀凱編集長が絶賛していた。 外交史や「宗教と政治問題」の専門家で、何冊も政教分離問題の著作を出している杉…

「カルト」とヘイトスピーチ(動画とテキスト)

マインドコントロールを論じた魚谷俊輔氏の動画が面白かったので、「カルト」について論じた動画(「カルト」は差別用語)も見てみた。魚谷氏は統一教会信者として語っているが、その内容が特に偏っているとは思えないので、以下にリンクし、テキスト化した…

山上徹也容疑者に「死刑」を求刑すべき。減刑署名には怒り、憤怒を覚える。恥を知るべきだ!

山上徹也容疑者の長い鑑定留置が終わり、検察が殺人罪、銃刀法違反罪で起訴した。 www.sankei.com 一方で、減刑署名提出の動きなどが見られるが、ふざけるなと言いたい。 山上容疑者自身、安倍元首相を殺害すれば世間の非難が旧統一教会に向かうという趣旨の…

旧統一教会の「組織的不法行為」判決が重大というが、当時の大手紙はベタ記事、毎日新聞は報道すらしなかった!

相変わらず魔女狩り報道が続く旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の問題。新しい記事やニュースが出るたびに「何を言ってるんだ」「またデマを飛ばしている」とうんざりする。 「空気」が支配する日本社会で、マスコミが煽り、権力が暴走したら、それを止め…

やはり根拠のない「臆測報道」だった!~『文藝春秋』1月号「北朝鮮ミサイルを支える統一教会マネー4500億円」

「保守系高級誌」「エリート層の必読誌」のイメージが強かった『文藝春秋』がどんどん劣化している。ポピュリズム路線をひた走る『週刊文春』の後を追いかけているようだ。 安倍元首相殺害事件後には、旧統一協会と安倍元首相を無理やり結びつけ、死人に口な…

富山市提訴記者会見で「富山新聞」「北日本新聞」のカメラマンが見せた奇妙な動き~旧統一教会問題

昨年12月16日に富山市を提訴した原告・安田慎(まこと)氏の記者会見動画を見ながら、カメラマンの動きが気になって仕方なかった。 常識的に理解しがたい実に奇妙な動きをするのだ。しきりに安田氏の手元や机の上を狙ってシャッターを切っている。 会見して…

旧統一教会の関連団体、UPF大阪支部が大阪市と富田林市を提訴した記者会見(動画・字幕付き)

昨年12月23日、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の関連団体UPFの大阪支部が大阪市と富田林市を提訴した。 UPF(天宙平和連合)は、安倍晋三元首相が2021年9月、トランプ元米大統領、ポンペオ元米国務長官らと並んで動画メッセージを送った団体だ。 UPF大…

解散命令請求のポイントの1つ、旧統一教会の「コンプライアンス宣言」(2009年)とは?

旧統一教会をめぐるマスコミ報道によく登場する「コンプライアンス(法令順守)宣言」。2009年3月25日付けで旧統一教会が公表し、布教や献金のあり方を見直したものだ。 文科省が「解散命令」を裁判所に請求するかどうかを決めるポイントの1つが、この「コン…

日テレニュース、霊感対策弁連の謀略情報や文化庁の的外れなコメントを垂れ流し。ファクトチェックもなし

旧統一教会をめぐる報道を見てきて痛感したのは、マスコミは特定の、または偏った情報源から得た情報だけで平気で記事を書き、ニュースを作るということだ。それでいて、「我々はちゃんと取材している」と平気で開き直る。 取材はしているんだろうが、取材で…

「旧統一教会との断絶決議」は憲法上も、国際人権規約から見ても「信教の自由」を侵害~富山市を提訴した信者の記者会見(動画・テキスト)

12月16日に「旧統一教会・関連団体との断絶決議」取消しを求めて旧統一教会信者が富山市を提訴したことは、テレビ、新聞等で全国一斉に報じられた。全国紙のみならず地方紙もみな報道した。 拙ブログでは、提訴について取り上げ、次に訴状を全文公開した。調…

「関係断絶」決議の取消を求め富山市を提訴した旧統一教会信者の訴状を全文公開

12月16日に「関係断絶」決議(「富山市議会が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)及び関係団体と一切の関係を断つ決議」)の取消しを求めて、富山市を相手に訴訟を起こした50代の旧統一教会信者、安田慎(まこと)氏の訴状がツイッターで公開されていた。 公…

徳永信一弁護士の持っている『逐条解説宗教法人法』は古いが、大丈夫か?

旧統一教会の信者や関連団体が富山市や大阪市などを提訴した裁判で、原告側代理人を務める徳永信一弁護士。 ツイッターを見てると、信者さんの書き込みが多いが、中には何度も突っかかってきたり、議論を挑んできたりする元信者、非信者もいて、いちいち相手…

旧統一教会側代理人となった徳永信一弁護士とはどんな人?

徳永信一弁護士は保守派弁護士として著名な人だが、名前は知っていても、それ以上の特別な知識があるわけではない。 旧統一教会信者が起こした訴訟で、立て続けに2件の原告代理人を引き受けたということは、おそらく本腰を入れて弁護するということだろう。 …

旧統一教会の関連団体UPFが大阪市と富田林市を提訴。富山市に続く第2弾

12月16日に旧統一教会信者の男性が富山市を提訴したのに続き、23日、今度は旧統一協会の関連団体、UPF(天宙平和連合)大阪支部が大阪市と富田林市を提訴した。 映像を見たところ、原告代理人は徳永信一弁護士だった。 MBSNEWS12月23日より www.mbs.jp 旧統…

月刊「Hanada」2月号に「宗教と政治」の専門家、杉原誠四郎氏が登場。「統一教会魔女狩り騒動」を断罪!

月刊「Hanada」23年2月号が20日発売になった。毎月26日発売と思っていたので、新聞の広告を目にしたときは驚いた。福田ますみさんの連載は1回お休みのようだ。 ■保守派の大御所、杉原誠四郎氏が「法治国家としてあり得ない常識を逸した統一教会叩き」と喝破 …

相変わらず「解散命令請求」ありきの偏向した産経新聞報道~「警察につないだ115件」のうち刑事事件化したものはゼロなのに!

産経新聞の旧統一教会報道が悪質でひどいことは、これまで何度も書いてきた。 どう悪質でひどいかというと、全国霊感商法対策連絡会の弁護士やマインドコントロール論の専門家、政府筋、被害者の情報や説明を垂れ流すだけで、教団側の言い分や反論には取り合…

家庭教育支援条例にケチをつける朝日、東京、毎日ら左派リベラルに高橋史朗氏がファクトによる反論で痛撃

ほとんどここまでくると憎悪感情の表出と言っていい。 朝日新聞、東京新聞(中日新聞)、毎日新聞などがこぞって「家庭教育支援条例」「家庭教育支援法(案)」にケチを付け、旧統一教会が背後にあるとか、教団の古い家族像の押し付けだとか、つまらない批判…

旧統一教会信者が富山市を提訴。「関係断絶」決議の取消し求める。原告代理人は保守派の硬骨漢、徳永信一弁護士

とうとう現役の信者が声を上げたようだ。何事も先陣を切るのは勇気がいる。 原告代理人は保守派の徳永信一弁護士。 沖縄集団自決訴訟、朝鮮総連租税減免取消訴訟、孔子廟訴訟、琉球新報言論封殺訴訟、靖国訴訟(補助参加)などを手掛けた戦う弁護士だ。 評判…

2002年9月訪朝前、小泉純一郎首相(当時)は「統一教会の大幹部」と(官邸で?)会っていた~AERA07年11月19日号

朝日新聞デジタルの10月15日付けによると、自民党神奈川県連は、 来春の統一地方選の公認・推薦候補者に対し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関係を持たないよう誓約書をとる方針を決めた。署名できない場合は公認・推薦の取り消しを含めて検討をする…

11日の産経新聞、佐藤優氏は「マインドコントロール」論を批判するも、記者の解説は「マインドコントロール」論を盲信

有料購読している産経新聞は日本で数少ないまともな新聞だと思っていた。だが、旧統一教会報道を見ていてすっかり幻滅してしまった。 ■霊感対策弁護士ベッタリで思考停止に陥る産経新聞記者たち 他紙と何も変わらないどころか、もっとひどい記事が載ることも…