吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

自民党

フラフラの盛山文科相を追撃。統一教会側が声明発表

連日の追及でフラフラ状態の盛山文科相だが、攻める統一教会側が声明を発表した。関連団体の世界平和連合によるものだ。 岸田首相への面会報道の時は声明なんか出さなかったのに、今回は随分と力が入っているように見える。

自民政権と統一教会の両方を叩けてホクホクの朝日新聞

盛山文科相叩きがここまで盛り上がるとは想像もしていなかった。なぜ朝日新聞はここまで引っ張れるのだろう? それは要するにこういうことではないか。 自民党政権と統一教会の両方を叩けるから。

裏金問題、安倍元首相は無関係。是正を指示したのに、なぜ安倍派幹部は従わなかったのだ!/追記:安倍氏の潔白を示す報道や発言相次ぐ

「死人に口なし」をいいことに、統一教会との癒着なる謀略情報で安倍氏を誹謗中傷してきたマスコミ・世論が、またしても安倍氏批判の材料を得て、意気揚々と「安倍長期政権のおごり」を非難している。 だが、安倍元首相は裏金問題とは無縁だった。むしろ問題…

磯村尚徳氏死去。NHKの訃報は統一教会系国際イベント参加の過去に触れず

NHKの元姪キャスターで放送総局特別主幹も務め、退職後は都知事選に出馬した磯村尚徳氏が亡くなった。 NHKの訃報を聞いて若干の違和感を禁じ得なかった。 そう、NHKの顔だった磯村氏が統一教会系国際イベントに、取材ではなくスピーカーの1人として参加した…

面会相手は超VIPのギングリッジなのに「教団の友好団体が会談を設定したのでは?」と聞くなんて、記者のレベルが低すぎ/追記:予想外の話が出てきて仰天!

岸田首相に官邸で「教団の友好団体が会談を設定したのではないか」と質問した記者がいる。 全国紙、地方紙、通信社の記者なんだろうが、こんな質問を思いつくなんて頭がおかしいんじゃないか。 米共和党の超が付く大物、ニュート・ギングリッジ元下院議長が…

朝日新聞のデッチ上げ「面会」報道。岸田首相に降りかかった火の粉

こんなもの面会であるはずがない。まるで旧統一教会系トップが岸田文雄・政調会長(当時)に面会を申し込み、それが実現して会ったかのようなインチキ報道だ。 「首相、旧統一教会系トップと面会」というこの見出しを見れば、誰だってそう思うだろう。 朝日…

富山県信者団体が統一教会財産保全法案に反対を表明。統一教会の信者って富山県にしかいないの?/追記:「10・29世界の未来を拓く救国救世富山県大会」

自公両党は先日、財産保全法案は違憲の疑いが濃厚として、①被害者の訴訟支援を強化する「総合法律支援法改正案」と、②教団の財産流出の防止に向けた「宗教法人法改正案」を臨時国会に提出すると明らかにした。 これには早速、反統一教会勢力や野党から強い批…

「統一教会の財産保全、自公が法案見送り」は当然。だが、なお違憲の疑い

法テラスへの相談支援や訴訟を起こしやすくする支援は問題ないと思うが、「教団が不動産を処分する場合は国への通知を義務付けるべき」(朝日)はどうなんだろう? これは特定教団を狙い撃ちするもので、宗教差別ではないか。 しかも事後法である。

【緊急】統一教会財産保全法案に断乎反対する!~背景には「現役信者は幹部を除き、全員が(潜在的)被害者だ」という全国弁連の荒唐無稽な主張がある

前回のブログは、10月22日にアップした「『35年で被害総額1,237億円』は6倍に誇張された数字~解散命令請求の理由公表で全国弁連とマスコミのウソが暴かれた!」へのScarletさんのコメントをもとに書いたものだ。 そのやり取り一部を転記し、場末のスナック…

櫻井義秀著&橋爪大三郎著への反論をKindle版で2冊同時発売~統一教会の知的反撃

5月27日、統一教会の広報が橋爪大三郎氏の新刊『日本のカルトと自民党』(集英社)に対する反論を掲載した。 統一教会は8月、櫻井義秀氏の『統一教会―性・カネ・恨(ハン)から実像に迫る』(中公新書、23年3月)にも反論文を出している。 そして10月17日、…

ペマ・ギャルポ氏「マイクを向けられて『私は関係ありません』なんて言うことは情けない」~勝共連合潜入ドキュメンタリー「反日と愛国」公開中

勝共連合潜入ドキュメンタリー「反日と愛国」の前編に続き、8月に入って後編が公開された。 聞きどころは、栃木県政界の重鎮、増渕賢一(ますぶち・としかず)氏とチベット系政治学者のペマ・ギャルポ氏(日本に帰化)へのインタビューだ。

LGBT法案の危険性。自民党は一から議論し直すべき

LGBT法案をめぐる動きが訳の分からないものになりつつある。「法律を作るべきだ」と言っている人たちも、一部の運動団体や確信犯的推進派を除けば、よく分かっていないのではないだろうか。 特に世論調査などで賛成派が増えているようだが、賛成する一般の人…

除名問題で「結社の自由」を持ち出す共産党。ならば、なぜ「結社の自由」を無視して自民党に「旧統一教会との関係を断て」と迫ったのか?

党首公選制の導入を訴えた松竹伸幸氏(ジャーナリスト)を除名した日本共産党の対応を批判した朝日新聞に、志位和夫委員長が猛然と反論。ところが朝日を産経と言い間違えてズッコケ。 www.sankei.com それはともかく、除名の理由は「党規約違反だから」とい…

杉田水脈氏を辞任に追い込んだのは松本総務大臣の理不尽な謝罪・取消し指示。無能な大臣の下で働く必要はない

杉田水脈総務政務官が辞表を提出した。 www3.nhk.or.jp 改めて考えてみると、松本総務大臣から過去の発言について謝罪と取消しをするよう指示され、それに応じてしまったところに問題があった。 この松本大臣の指示なるものは、理不尽で筋の通らないものであ…

2002年9月訪朝前、小泉首相は「統一教会の大幹部」と(官邸で?)会っていた~AERA07年11月19日号

1,統一教会および関連団体とも、分け隔てなく付き合っていた自民党 2,小泉純一郎首相(当時)は「日本統一教会の大幹部」とどんな会話を交わしたのか 3,統一教会人脈は自民党政治にプラスに働いたはず 4,文藝春秋が、統一教会の関連団体「ワシントン・タ…

杉田水脈政務官を擁護する田母神発言に同感、ラサール石井氏は根本から考え直せ!

この国はいつからこんなにも不寛容になったのだろう。杉田水脈・総務政務官が過去に「LGBTには生産性がない」と発言したことを蒸し返し、マスコミや一部世論が彼女を叩き続け、「辞めろ、辞めろ」の大合唱だ。 とうとう彼女は松本総務大臣の指示で「月刊誌で…

反統一教会勢力によるマインドコントロール理論の法案化は1勝1敗か~「1敗」=「被害救済法案」について

1,「被害救済法案」にマインドコントロール概念を盛り込もうとした立民・維新の試み 2,政府が提出する閣法はマインドコントロール概念を盛り込まず 3,西田公昭氏や全国弁連の主張を鵜呑みにした産経新聞の「マインドコントロール」肯定記事 4,伝統宗教を…

立民・維新の「被害救済法案」は、疑似科学「マインドコントロール理論」を司法に押し付ける前代未聞の悪法だ

愚かとしか言いようがない。自分たちが出した「被害救済法案」なるものが、ずさんで、欠陥だらけ、特定宗教を狙い撃ちした差別性丸出しの欠陥法案なのに、その欠陥を指摘されると「やる気がない証拠」と開き直る。 それこそローメーカーとしての責任も自覚も…

立民・打越さく良氏が国会で白昼堂々と人権侵害。公益性もない。

立憲民主党の打越さく良氏が国会で白昼堂々と「信教の自由」を侵害した。山際大志郎経済再生担当相に旧統一教会の信者かどうか尋ねたという。 www.sankei.com ありえないことだ。立憲民主党の反宗教イデオロギーが牙をむいた瞬間だ。 しかし、その質問にどん…

玉川徹氏の電通発言は安倍氏の「虚偽答弁118回」よりはるかにタチが悪い。もちろん玉川氏の降板は当然

玉川徹氏は降板するのに、なぜ「虚偽答弁118回」の安倍元首相はお咎めなしだったのか、と相変わらず三流大衆紙の日刊ゲンダイ(Digital)が愚劣なことを報じている。 こんなことにも安倍元首相を持ち出してくるとは。 玉川徹氏は降板して当然。その理由は… …

旧統一教会叩き「国際法に違反」~ 国連NGOが深刻な宗教迫害を問題視

1,「宗教2世問題」にかかわる人権派弁護士らの裏の顔 2,信者の拉致監禁被害、信者への誹謗中傷・差別・人権侵害には知らん顔 3,拉致監禁の被害者が親を訴えるのは至難の業。いくら非道でも親は親だから、訴訟に踏み切れない信者たち 4,「信教の自由…

元東京地検特捜部検事の高井康行氏が旧統一教会排除の「魔女狩り」に怒りの大批判!(2)

昨日のブログの続きで、BSフジプライムニュース9月9日の「旧統一教会と自民調査」について。 www.fnn.jp 高井康行弁護士(元東京地検特捜部検事)は、立憲民主党だけでなく自民党にも苦言を呈していた。 特に、山際大志郎議員が、事務所スタッフの思想調査を…

「旧統一教会との関係を断つ」との岸田首相発言は、露骨なマイノリティー宗教差別で違憲

岸田首相が「旧統一教会との関係を断つ」と宣言し、自民党としてもこれを徹底すると述べた。茂木自民党幹事長は、決定を守れない者は離党してもらうとまで踏み込んだ。 「聞く力」を発揮したつもりだろうが、芯のない政治家はこれだから困る。この先、自民党…

また1つ明らかになった「国会議員112人リスト」のデタラメ~石破茂氏の場合

日刊ゲンダイ(デジタル版。以下同)が報じた旧統一教会と「関係アリ」の「国会議員112人リスト」。 このリストはいい加減でデタラメ。こんなものを根拠に旧統一教会と「ズブズブ」なんて報じるのは無責任極まる。 三流大衆紙日刊ゲンダイならやりそうなこと…

派閥解散で完全に終わった石破茂氏

石破派が解散しグループに移行するという。ちょっぴり可哀想な気もするが、所詮は自業自得、自分で撒いた種を自分で刈り取っただけのことだ。総理大臣になる芽は完全に消えたと言ってよいだろう。

高市早苗氏「(安倍氏答弁は)虚偽ではない」と明快に回答

NHKが放送した自民総裁選の公開討論。しきりに森友、桜の問題を取り上げる質問者がいて辟易した。その男が「虚偽答弁」と何度も言うので、高市早苗氏が「虚偽ではないです」とやわらかく、明快に言い切った。それが正しい。

安倍前首相は虚偽答弁をしていない、ウソつきでもない

総理在任中の安倍氏の国会答弁を虚偽答弁と決めつけるマスコミ、野党らは「虚偽答弁」という言葉の意味を分かって使っているのか、それともわざと使っているのか。安倍さんを貶めるためなら何でもありか。