吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

裁判

統一教会報道で「中心霊」がどうたらと言い出したNHKの印象操作~審問の日のニュースウォッチ9

食後にソファに腰かけてNHKの夜9時のニュースを見ていたら、解散命令請求を受けて裁判所が22日に行った審問を報じた後、アナウンサーが「中心霊」がどうたらと言い出したので、思わず身を乗り出してしまった。 中心霊。生まれて初めて聞く言葉だ。 これを証…

伊東選手側を「スラップ」と決めつける紀藤正樹弁護士は自らスラップ(恫喝)を行った過去をどう説明するのか?

紀藤正樹弁護士がXで伊東純也選手の性加害疑惑に口をはさんで炎上したという。 伊東選手が女性側を虚偽告訴に加えて民事でも提訴したことを「典型的なスラップ類型の訴訟」と評したそうだ。 訴えるなら週刊新潮も訴えるべきと言うのだが、「そんな馬鹿な」と…

「カルト」との表現は名誉棄損。統一教会の勝訴確定で判決公開。教団は悪質なSNSやメディアを躊躇なく提訴すべき

統一教会の施設に「カルト」などと落書きし、教団側が訴えていた裁判は、原告被告双方が控訴せず確定。 判決文を読むと、ポイントは違法性阻却事由にある。個人的恨みから「カルト」呼ばわりして批判するのは、公益目的とは言えないと判示されている。

統一教会勝訴!「カルト」「売国奴」呼ばわりを名誉毀損と認定~東京地裁/追記:マスコミは完全スルーか!?

統一教会もたまには勝訴することがある。 スラップ訴訟だなんだと難癖付けて、統一教会は「負けるのを分かっていて裁判を起こしている」「どうせ勝てっこない」などと嘲っている弁護士、識者、芸能人、ネット民、ネット工作員らは甘く考えない方が良い。

週刊文春、2審も敗訴で三流紙に転落。幸福の科学への名誉毀損認定

週刊文春が控訴審でも敗訴。幸福の科学への名誉毀損を認定され、330万円の支払いを命じられた。 文春砲などとおだてられて得意の絶頂にいたようだが、ろくに裏付け取材もしないで記事を書いていた。売らんかなのポピュリズム路線を突き進んだ結果がこれだ。

本村健太郎弁護士による名誉毀損を認めず。統一教会の請求棄却

統一教会が本村健太郎弁護士を名誉毀損で訴えた裁判の1審判決が、紀藤正樹弁護士を支援する会の告知通り、1月25日、東京地裁であった。 読売新聞の速報によると、結果は教団側敗訴。 読売テレビと本村健太郎弁護士を訴えた旧統一教会、東京地裁が請求棄却 […

本村健太郎弁護士を名誉毀損で訴えた裁判。統一教会は勝てるか? 1月25日判決予定

紀藤正樹弁護士を支援する会と弁護士ドットコムニュースによれば、統一教会がミヤネ屋に出演した本村健太郎弁護士を訴えた裁判の1審判決が1月25日にあるという。 果たして教団側勝訴となるかどうか。 本村健太郎弁護士の発言は、八代英輝弁護士に比べるとは…

八代英輝弁護士を訴えた裁判、2審も統一教会敗訴か?

紀藤正樹弁護士を支援する会によると、統一教会が八代英輝弁護士(とTBSひるおび)を名誉毀損で訴えた裁判の控訴審判決が12月20日に出るということだった。 しかし、20日を過ぎても一向に報道がない。 どうなったのかと思っていたら、先ごろ上記HPが更新され…

12月20日は八代英輝氏の統一教会名誉毀損裁判で控訴審判決か/追記:1審で八代発言は「不適切」と判示されていた

「ひるおび事件」とは、東京新聞によると、「TBS『ひるおび』で八代英輝弁護士が『教団がやっている外形的な犯罪行為』などと話し、教団の社会的評価を低下させた」というもの。 統一教会は「教団が『犯罪行為等』をした事実はない」として、名誉毀損で提訴…

統一教会のウェブサイトを見ても裁判情報がよく分からない~UPF大阪「こんなことで委員会?!」って何?

統一教会が紀藤正樹弁護士や有田芳生元参院議員らを訴えた裁判、現在どうなっているのかと思って時々、教団のウェブサイトを覗いてみるのだが、情報がない。 教団サイドとすれば、今さら名誉毀損裁判で勝とうと負けようと、解散命令をめぐる裁判で勝たなけれ…

合意書無効は世論におもねった判決だ!

最近、合意書無効の判決が出て、反統一教会世論におもねったおかしな判決だと思ったのだが、法律に詳しくないのでそれ以上何とも言いようがなかった。 「反統一教会世論におもねったおかしな判決」という感想も、所詮は素人判断でしかない。 そういう見方で…

訴訟取り下げ!統一教会に1億2353万円の損害賠償を求めた三重県四日市市の元女性信者/追記:取り下げの報道有り

統一教会に1億2353万円の損害賠償を求め、8月29日に提訴した三重県四日市市の元女性信者(94)が、12月6日に第1回口頭弁論が開かれる前に訴訟を取り下げたそうだ。 12月2日付けで統一教会広報局がプレスリリースを出した。 今回の訴訟取り下げは、1億2353万…

鈴木エイト名誉毀損訴訟の第1回口頭弁論は「24年1月31日(火)東京地裁712法廷」。ただし真偽は不明/追記:鈴木エイト陣営のウソ発覚!

12年5カ月監禁され、棄教を強要された統一教会信者の後藤徹氏(拉致監禁・強制改宗被害者の会代表)が、自称ジャーナリストの鈴木エイトを名誉毀損で訴えた裁判。原告と被告、それぞれに支援する会ができている。 鈴木エイト氏を支える会によると、第1回弁論…

敗訴が決まったも同然の鈴木エイト氏。2つの名誉毀損訴訟の注目点は、エイト氏の代理人弁護士は誰か? 何人か?

1つめは12年5カ月監禁された後藤徹氏によるもの。10月4日、後藤氏と原告代理人の中山達樹弁護士が記者会見を開いた。 統一教会の関連団体UPF(国連NGO)も10月4日付けで鈴木エイト氏提訴を発表した。 UPFが安倍元首相に5,000万円払ったとエイト氏は吹きまく…

【緊急】鈴木エイト氏ついに名誉毀損で訴えられる。原告代理人は凄腕国際弁護士の中山達樹氏。安倍元首相がメッセージを送ったあのUPFも提訴準備中!

反統一教会活動家の自称ジャーナリスト、鈴木エイト氏がついに名誉毀損で訴えられるようだ。 凄腕国際弁護士の中山達樹氏がブログで明らかにした。中山弁護士が原告(12年5カ月監禁された後藤徹氏)の代理人を務める。 なお、後藤徹氏が訴えるだけでなく、安…

徳永信一弁護士『家庭連合信者に人権はないのか』出版記念シンポでの講演テキスト~訴訟提起の大義は立憲主義の回復と安倍元首相の名誉回復

23年6月24日に開催され、後日ダイジェスト版動画が公開された『家庭連合(旧統一教会)信者に人権はないのか』出版記念シンポジウム。 教団信者や関連団体は、富山市、富田林市、大阪市、大阪府、北九州市でなされた「関係断絶」の決議を名誉棄損と「宗教ヘ…

名誉棄損で旧統一教会に訴えられた紀藤正樹弁護士と読売テレビは約30人の大弁護団。51人の浅見定雄VS室生忠裁判以来の頭数か?

旧統一教会が、紀藤正樹弁護士と「情報ライブ ミヤネ屋」を制作する読売テレビを名誉棄損で訴えた裁判の第1回弁論が2月13日、東京地裁で開かれたようだ。 教団側は損害賠償計2200万円と謝罪広告などを求めている。 www.bengo4.com 記事を読んで2回笑ってしま…

「安田慎さんの裁判を支援する会」へのカンパ、21日付けで70万円を突破と発表

「信教の自由」「請願権」を侵害されたとして、「旧統一教会との断絶決議」の取消しを求めて富山市を提訴した勇気ある男性、安田慎(まこと)さん。 その支援団体「安田慎さんの裁判を支援する会」HPによると、HP開設から約1週間後の1月21日、カンパの額が70…

「断絶決議」取消しを求める裁判続報。富山市で「安田慎さんを支援する会」立ち上げ。信者でない人も支援しよう!

「富山市議会が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)及び関係団体と一切の関係を断つ決議」の取消しを求めて、富山市に対して訴訟を起こした安田慎(まこと)氏を支援する動きが公になった。 「安田慎さんの裁判を支援する会」HPの開設は1月13日。遅ればせな…

旧統一教会の「組織的不法行為」判決が重大というが、当時の大手紙はベタ記事、毎日新聞は報道すらしなかった!

相変わらず魔女狩り報道が続く旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の問題。新しい記事やニュースが出るたびに「何を言ってるんだ」「またデマを飛ばしている」とうんざりする。 「空気」が支配する日本社会で、マスコミが煽り、権力が暴走したら、それを止め…

富山市提訴記者会見で「富山新聞」「北日本新聞」のカメラマンが見せた奇妙な動き~旧統一教会問題

昨年12月16日に富山市を提訴した原告・安田慎(まこと)氏の記者会見動画を見ながら、カメラマンの動きが気になって仕方なかった。 常識的に理解しがたい実に奇妙な動きをするのだ。しきりに安田氏の手元や机の上を狙ってシャッターを切っている。 会見して…

旧統一教会の関連団体、UPF大阪支部が大阪市と富田林市を提訴した記者会見(動画・字幕付き)

昨年12月23日、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の関連団体UPFの大阪支部が大阪市と富田林市を提訴した。 UPF(天宙平和連合)は、安倍晋三元首相が2021年9月、トランプ元米大統領、ポンペオ元米国務長官らと並んで動画メッセージを送った団体だ。 UPF大…

解散命令請求のポイントの1つ、旧統一教会の「コンプライアンス宣言」(2009年)とは?

旧統一教会をめぐるマスコミ報道によく登場する「コンプライアンス(法令順守)宣言」。2009年3月25日付けで旧統一教会が公表し、布教や献金のあり方を見直したものだ。 文科省が「解散命令」を裁判所に請求するかどうかを決めるポイントの1つが、この「コン…

「旧統一教会との断絶決議」は憲法上も、国際人権規約から見ても「信教の自由」を侵害~富山市を提訴した信者の記者会見(動画・テキスト)

■富山市を提訴した記者会見の動画および声明・発言のテキスト 1、富山市議会による「関係断絶」決議の取消を求める 2、公の機関が関係を断つことの問題点 3、原告 冒頭声明 4、報道のあり方への思い 5、決議の影響 弁護士の解説 6、親しくしてきた議員…

「関係断絶」決議の取消を求め富山市を提訴した旧統一教会信者の訴状を全文公開

12月16日に「関係断絶」決議(「富山市議会が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)及び関係団体と一切の関係を断つ決議」)の取消しを求めて、富山市を相手に訴訟を起こした50代の旧統一教会信者、安田慎(まこと)氏の訴状がツイッターで公開されていた。 公…

旧統一教会側代理人となった徳永信一弁護士とはどんな人?/追記:月刊「正論」23年3月号論文/追記:『家庭連合信者に人権はないのか』刊行!/更に追記あり

徳永信一弁護士は保守派弁護士として著名な人だが、名前は知っていても、それ以上の特別な知識があるわけではない。 旧統一教会信者が起こした訴訟で、立て続けに2件の原告代理人を引き受けたということは、おそらく本腰を入れて弁護するということだろう。 …

旧統一教会の関連団体UPFが大阪市と富田林市を提訴。富山市に続く第2弾

12月16日に旧統一教会信者の男性が富山市を提訴したのに続き、23日、今度は旧統一協会の関連団体、UPF(天宙平和連合)大阪支部が大阪市と富田林市を提訴した。 映像を見たところ、原告代理人は徳永信一弁護士だった。 MBSNEWS12月23日より www.mbs.jp 旧統…

旧統一教会信者が富山市を提訴。「関係断絶」決議の取消し求める。原告代理人は保守派の硬骨漢、徳永信一弁護士

とうとう現役の信者が声を上げたようだ。何事も先陣を切るのは勇気がいる。 原告代理人は保守派の徳永信一弁護士。 沖縄集団自決訴訟、朝鮮総連租税減免取消訴訟、孔子廟訴訟、琉球新報言論封殺訴訟、靖国訴訟(補助参加)などを手掛けた戦う弁護士だ。 評判…

原英史氏が朝日・毎日の支離滅裂な旧統一教会報道を痛烈批判~月刊「正論」1月号

原英史氏は、不合理な規制の撤廃を求める規制改革論者として有名な人で、安倍内閣で国家戦略特区ワーキンググループ座長代理を務め、現在は政策シンクタンク代表である。 その原氏が月刊「正論」で「暴走する新聞報道」と題する連載を始めた。 【目次】 1,…