吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

NHK

三流大衆紙の日刊ゲンダイ(Digital)が韓国「世界日報」をベタ褒めの怪~褒め殺しか?/三流月刊誌「選択」が名誉棄損で敗訴(追記)

遅ればせながら、三流大衆紙として有名な日刊ゲンダイのDigital版が、韓国「世界日報」をベタ褒めする寄稿を載せていることを知った(紙媒体の方は不明)。 書いたのは三流大衆紙の記者ではなく、一応日本の2大通信社の1つとされている共同通信の編集委員兼…

養子縁組、印象操作で旧統一教会のイメージダウンに躍起の報ステ~法的問題が問われるのは2018年以降の4年間のみ

旧統一教会への質問権行使とは別に、養子縁組問題がクローズアップされているが、相変わらずマスコミの偏向報道がひどい。 昨晩の遅い夕食時のこと。報ステがこの問題を取り上げていたので、見終わった後、妻に聞いてみた。 吊り忍「今やってた統一教会の養…

養子縁組の一体どこが「常軌を逸して」いるのか? 報ステ大越キャスターの暴言~元2世信者・小川さゆりさんらヒアリング

16日夜の報ステを見ていて驚いた。旧統一教会の養子縁組の問題を取り上げ、いつもはそれほど尖ったコメントをしない報ステ・大越キャスターが「常軌を逸した行為」と発言していた。 食事をしながらだったので、「行為」と言ったかどうかは定かでないが、「常…

元NHK大幹部・磯村尚徳氏が統一教会国際イベント「モスクワ大会」に参加の過去。NHKはいつまで知らんぷり?

NHKが2週続けて旧統一教会問題を取り上げた。8月29日は「旧統一教会と政治 見過ごされてきた関係」、9月5日は「旧統一教会の他にも “宗教2世”たちの知られざる苦悩」。 「旧統一教会と政治」を見て感じた素朴な疑問を、簡単に書いておく。 番組は桑子アナの…

亡くなったゴルバチョフ氏も統一教会とズブズブだった。同じくNHKも。

ゴルバチョフ氏が亡くなった。以前、「世界のドキュメンタリー」だったと思うが、NHKがゴルバチョフ氏の晩年の生活ぶりを追った番組を放映したのを見た。 とても感動的だった。 海外メディアによる制作。日本メディアには、こんな味のある番組は作れないなと…

旧統一教会叩きに血眼になる「週刊新潮」だが、1990年に編集幹部が「統一教会系の歴史的イベント」(通称モスクワ大会)に参加していた!

毎週、愛読している「週刊新潮」までが事の本質を見失い、旧統一教会叩きに血眼になっていてガッカリした。 また、「政府自民党そして日本社会を震撼させる巨大な疑惑の一部」とか、「この国の統治機構を根底から揺るがすような『大スキャンダル』」とか、お…

性交による「精子の提供」は危険がいっぱい―全国初の訴訟提起

東京新聞web版が12月27日20時26分に報じた記事「精子取引トラブルで訴訟」の記事には驚かされた。精子の提供は、てっきり精子を一種のモノとみなして女性側に渡すのかと思っていたら、直接の性交渉によって提供したのだという。タイミング法と言うらしいが、…

組織委の責任を追及するAERAdot.の何という醜さよ

五輪開会式の演出担当、小林賢太郎氏が電撃解任されたことでAERAdot.はここぞとばかりに組織委員会を批判し、任命責任を追及している。しかし自分たちが小林氏や小山田氏のスキャンダルをスルーし、報じてこなかったことの責任には頬被りしてる。醜いと言わ…

最近、間違いだらけのNHKニュース

NHK

夜はNHKの「ニュースウォッチ9」を見ることが多いが、最近言い間違いや表記ミスが多い。韓国大統領選に立候補を表明した李在明(イ・ジェミョン)氏を紹介するとき「チョンギドの知事」と言っていた。

毛沢東の暴政で8000万人の死者というワシントン・ポストの報道

NHK「国際報道2021」の中国共産党創立100年報道を見たが、毛沢東の暗部にふれず、経済発展への日本の貢献にも全く言及がなかった。いつまで中国に忖度を続けるのだろう。

赤木ファイル公開で「忖度」なかったことが明らかに~「現場として厚遇した事実もないし」

6月24日付産経・阿比留氏のコラムを読んだが、赤木ファイルには「現場として厚遇した事実もないし」と書いてある。森友を厚遇した事実はない。安倍首相(当時)への忖度がなかったことは明白だ。

国際報道2021「米英メディアの偏り度」

ニューヨークタイムズもワシントンポストも、アメリカではリベラル新聞(最左派)と認識されている。中道やや右の代表がウォールストリートジャーナル。