吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

「『知らなかった』と言えば免責?」と書いたAERAdot.は、朝日新聞のことは批判しないの?

朝日新聞が旧統一教会系の「世界平和女性連合」を頻繁に紙面で記事にしていたことは、アゴラで山田肇氏が明らかにした。

朝日新聞のデータベース検索で2000年以降だけで10本以上の記事があるそうだ(それ以前にさかのぼればもっとある)。山田氏が画像で引用したのが次の記事。

  • 「日本の心」に感心 最優秀の留学生・趙さん、全国大会へ 日本語弁論大会 /鳥取県~朝日新聞・大阪地方版2007年11月11日

私も調べてみた。

やはりこの記事には、「世界平和女性連合」が旧統一教会系の団体であるとの説明も注釈も記されていなかった。

地方版とはいえ、れっきとした朝日新聞の記事である。しかもベタ記事ではなく、写真入りの目立つ記事だ。

おとといのブログで書いた通り、朝日新聞は旧統一教会団体と取材を通じて「接点」を持ち、紙面で同団体の広告塔の役目を果たしてきた。

ところで、AERAdot.がこんな記事を書いている。

AERAdot.は岸田改造内閣で旧統一教会関連と「接点」のある議員について、「『知らなかった』と言えば免責?」と見出しを打ち、責任逃れだと非難した。

では、朝日新聞はどうなのか?

AERAdot.が挙げた議員たちは、必ずしも旧統一教会そのものと「接点」があるわけではない。ほとんどが旧統一教会の関連団体と「接点」があるにすぎない。

旧統一教会系の日刊紙「世界日報」の取材を受けたとか、旧統一教会系の雑誌で対談に出席したとか、その程度の議員まで槍玉に上げている。

それでいながらAERAdot.は、朝日新聞が「世界平和女性連合」という旧統一教会系団体を直接取材し、自らの判断で紙面に載せた過去については知らん顔。自分たちがやってきたことについては、完全に棚上げしている。

「世界平和女性連合」を、いいことをやっている市民団体として紹介し、その箔付けに貢献したのに。

何しろ天下の朝日新聞に載ったのである。「世界平和女性連合」側がどれだけ喜んだか、想像に難くない。

おそらく彼らは、

「朝日新聞をはじめいろいろな新聞が私たちのイベントを取材し、記事にしました。私たちは日本の一流メディアからも認められた団体です。」

などと言って、会員勧誘や有識者の渉外に利用しただろう。

あくまで推測だが、、、

自分たちの親玉の朝日新聞が旧統一教会の関連団体の広告塔となり、箔付けに利用されてきたというのに、国会議員に対しては「『知らなかった』と言えば免責?」「責任逃れ」と非難する。

この神経の図太さには呆れるしかない。

メディアとしての良識があるならば、国会議員を非難する前に、まずやることがあるだろう。

過去、「世界平和女性連合」について2000年以降、10本もの記事を書いたのはなぜなのか、どういう経緯でそんなことになったのか。朝日新聞には説明する責任がある。

従ってAERAdot.は、まず朝日新聞を厳しく批判すべきなのだ。

国会議員の「接点」を問題にする以上、朝日が「接点」を持ち、何食わぬ顔で記事にしてきた責任をどう考えるのか。

AERAdot.は朝日新聞に厳しく問いただすべきだろう。

もっとも、朝日新聞は、旧統一教会とのつながりを知らないで「世界平和女性連合」を紙面に出したわけではない。

実は、ちゃんと知っていた。知っていながら紙面に載せ続けた。その意味では「知らないで『接点』をもった」国会議員などより、よほど悪質である。

このことは、2000年より前の記事検索をすれば分かるのだが、長くなるので日を改めたい。