吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

元東京地検特捜部検事の高井康行氏が旧統一教会排除の「魔女狩り」に怒りの大批判!(1)

BSフジLIVEプライムニュースの9月9日(金)が「旧統一教会と自民調査」を取り上げ、弁護士サイドでは紀藤正樹弁護士(全国霊感商法対策弁護士連絡会)と高井康行弁護士(元東京地検特捜部検事)の2人が出演していた。

どうせお決まりの旧統一批判だろうと思って見始めたら、高井康行弁護士が「最近の報道には違和感がある」と仰るので、興味津々で見守った。

結論として、高井弁護士の意見にはかなり共感した。テレビで堂々とこれだけの発言をした人はこれまでいなかったのではないか。

地上波で、宗教に対する無知をさらけ出し、旧統一教会を「反社会的団体」と決めつけて、ひたすら感情的に非難・中傷・罵倒している梅沢富美男には、「高井弁護士の爪の垢でも煎じて飲め」と言ってやりたくなった。

やはり元東京地検特捜部検事の誇りが「これ以上黙ってられない。誰かが言わなければ!」という気にさせたのだろう。

高井氏の発言には、憤怒と言えるほどのパワーがあった。

だいたいこんな発言だ(要旨。ざっとまとめただけなので完全に正確ではない)。

日本はいつの間に全体主義国家になったのか。自由主義や民主主義は一体どこへいったのだ。自由主義や民主主義は、異端の存在を認めるか認めないかなんですよ。異端の存在を認めないことには、自由主義も民主主義もないんです。

法律家として言えば、統一教会は宗教法人格を持つ合法的な存在なわけです。

構成している人たちの中には被害者の立場の人がかなりいる。「統一教会の人たちは政治から排除する」と言うが、彼らも有権者であり、基本的人権を持っている。

政治家に意見も言い、政治家の意見を聞く権利を持っているはずなんです。それを全部排除しろと。

これが民主主義国家のやることですか。あれが反社会的団体(=暴力団のこと)なら別ですが、立憲民主党も「あれは反社会的団体だ」と、はっきり根拠を示して主張しているわけではない。「解散命令を出せ」と言ってるわけでもない。

そういうことを全く言わないでおいて、あの組織に属する人たちを政治の世界から排除する、これはもう独裁国家のやることじゃないですか。

立憲民主党の泉健太代表は「地方議員も全部調査しろ」と言うが、これは一種の思想調査です。思想調査は独裁政権のおはこでしょ。

独裁政権に親和性の強いことを、なぜ日本で民主主義政党を謳っている政党の党首が言うんですか。僕は極めて違和感がある。

本当に民主主義社会の政党なんですか。僕は非常に強い怒りと危機感を覚えました。

おお、高井弁護士、よくぞ言った。本当にその通り。

この発言に対し、隣に座った紀藤弁護士がだらだらと反論していたが、全然説得力がない。

なぜか。この男には「旧統一教会をつぶす」という怨念しかないからだ。

紀藤弁護士は、

「高井先生は、統一教会がどんな活動をしているか知らないからそういうことを言う。私は国に統一教会を調査する委員会を作ってほしいとお願いしている。世界中で統一教会がやっていることを把握すれば、統一教会がいかに危険な団体かということがわかる」(要旨)

などと反論していた。

しかし、これほど独善的で傲岸不遜な主張もないだろう。

自分なりに彼の心中を推し量れば、

“私は旧統一教会が世界中でやっていることを全部知っている。彼らの「悪事」を全て知っていて、だからこの団体はつぶすべきだ。政治家もマスコミも世間も、四の五の言わずに私の言うことに黙って従えばいいのだ。”

と開き直っているに等しい。

紀藤氏によると、国が世界中でやっている旧統一教会の活動を調査すれば、この団体の「悪事」があらいざらい暴露される、というのだが、現状ではそのような調査は行われていない。

ということは、テレビや新聞、その他のメディアも、旧統一教会の世界的活動の全貌なるものを知らないはずだ。

たとえば、上に挙げた梅沢富美男は、こういうことを知った上で旧統一教会を批判しているのか?

ミヤネ屋の宮根誠司は全部知っているのか?

NEWSzeroの有働由美子はどうか。TBS報道特集の膳場貴子は?(敬称略)

知らないだろう。知らないからこそ、紀藤弁護士は国に対して「調査委員会を作って調査してほしい」と言っているわけだ。

旧統一教会について断片的な情報しか持たない彼らが、連日、テレビその他で大々的な旧統一批判を繰り広げていることに対しては、苦言を呈するどころか、自らも出演して一大バッシングを展開しているではないか。

「統一教会が世界中でやっていることを知らない」と言って高井弁護士を批判するならば、同じように、断片的な情報しか持たないまま統一教会バッシングをやっている連中もたしなめなければおかしい。

批判するせよ、擁護するにせよ、統一教会が日本を含め世界中でやっていることを正確に知り、統一教会側の言い分もちゃんと聞いて、その上で意見を言いましょう。

(注・ここで「擁護」とは、統一教会を支持するという意味ではなく、同教団を一方的に社会から排除するのはおかしい、という意味)

こういうスタンスなら、まだわかる。

しかし紀藤氏のやっていることは明らかに違う。

自分のところにきた脅迫状は大げさに騒ぐが、教団に届いた脅迫状やその他1万件に上るという誹謗・中傷や落書き被害については知らん顔。

旧統一教会に誹謗・中傷、落書き、脅迫を行っている人たちに、「そういうことはやめてください」となぜはっきり言わないのか。

tsurishinobu.hatenablog.com

所詮、彼にとって旧統一教会は「戦うべき敵」であり、政治家もマスコミも世間の人々も、全員が自分の側につくのが当然、というスタンスなのだろう。

下手をすると「自分の側につかないヤツは、旧統一教会に味方する人間。そんなヤツは旧統一教会と同罪だ」と言い出しかねない。

まさに魔女狩り。排除と差別の論理を、これほどあからさまに公言する人間も珍しいのではないか。(弁護士なのに!!)

これに対し、高井弁護士は、あくまで法的な根拠にこだわる。

思想・信条の自由、結社の自由、政治活動の自由、信教の自由等々の、自由・民主主義社会の大原則にこだわる。

解散命令が出されたわけでもなく、テロを起こしたわけでもない旧統一教会という組織を「反社会的団体」と呼ぶことは納得できない、というスタンスだ。

まさに正論。テロを起こしたのは山上徹也容疑者であって、旧統一教会ではない。

そしてテロの犠牲者となったのは一国の元宰相である。

「安倍元首相は統一教会と関係が深い」と平気で断定する人間が後を絶たないが、彼らは「死人に口なし」という言葉を知らないのか。

はっきりしていることが1つある。

それは、1990年代から2002年にかけて、山上容疑者の母親を高額献金で自己破産に追い込み、山上容疑者を不幸のどん底に突き落とした件につき、安倍元首相は一切、全く、1ミリも関わっていないということだ。

www.fnn.jp

高井弁護士は自民党も厳しく批判している。続きは、稿を改める。

tsurishinobu.hatenablog.com