吊りしのぶ

気の向くまま、思い付くままに。記憶にとどめたいoutputの場として。

選択的夫婦別姓

井田奈穂氏がウェブ論座に寄稿、安倍首相・森法相答弁を無視して「(選択的夫婦別姓制に)賛成・容認66.9%」説を正当化

井田奈穂(「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」事務局長)氏がウェブ論座に奇妙な寄稿をしている。 かねて当ブログで書いてきた、選択的夫婦別姓推進派(特に地方議会で別姓制導入または別姓制導入に向けた議論を国会に求める意見書を採択しようと運動し…

フェイクニュースを拡散する「選択的夫婦別姓の意見書」に公明党が加担、推進

これまで自公連立に協力し、「選挙区は自民へ、比例は公明へ」を実践してきたが、公明党には裏切られた思いだ。選択的夫婦別姓に関する内閣府の世論調査は、実際には反対が過半数を占めるのに、公明党の地方議員は「賛成・容認66.9%、反対29.3%」という数字…

「選択的夫婦別姓の導入・議論を求める意見書」の重大な問題点―「賛成・容認66.9%、反対29.3%」は本当か?

「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」によると、全国の地方議会で選択的夫婦別姓制の導入や法制化、あるいは国会での議論を求める意見書が次々に採択されている。しかし、意見書には驚くべきフェイク情報が盛り込まれている。それは世論操作、世論誘導の…

千葉市議会が採択した「選択的夫婦別姓制度の導入を求める意見書」が賛成派の割合をでっち上げ

2020年12月15日に千葉市議会が採択した「選択的夫婦別姓制度の導入を求める意見書」の冒頭に、内閣府の世論調査結果を都合良く解釈した「賛成・容認66.9%」という数字が出てくる。これは完全なでっち上げであり、デタラメである。内閣府の世論調査の回答を、…

家族否定の「選択的夫婦別姓」導入に明確に反対します

選択的夫婦別姓制の導入を「当たり前」「実現して実現してなきゃおかしい」と言い放った立民・枝野幸男代表。そこには反対意見に耳を傾ける姿勢が全くない。賛成か反対かをめぐって激論を戦わせる自民党の方がはるかに民主的であり、多様な世論に寄り添って…

共産党・小池書記局長「どの世論調査でも選択的夫婦別姓への賛成が多数」と大ウソ

13日の臨時国会で共産党の小池書記局長が「どの世論調査でも選択的夫婦別姓への賛成が多数」と堂々とウソをついた。そんなことはない。それどころか、先月刊行された『夫婦別姓に隠された不都合な真実』という冊子によると、地方議会で採択された「選択的夫…

古市憲寿氏「選択的夫婦別姓に賛成の人のほうが多い」と真っ赤なウソ!

フジテレビのイットで加藤綾子アナと古市憲寿氏が自民総裁選をめぐって安直なやり取りをしていた。古市氏が「選択的夫婦別姓に賛成の人のほうが多い」と言っていたが、これは真っ赤なウソ。内閣府調査は夫婦同姓支持の方が多いことを示しているし、最高裁も…

内閣府調査で選択的夫婦別姓賛成が反対を上回ったことは過去一度もない

週刊新潮7月8日号の記事を読んだ。先月「夫婦同姓は合憲」との判決を下した最高裁に対し、朝日新聞が大々的な批判を展開しているのは異様で、「もはやアジビラの類と言われても仕方あるまい」と批判している。

最高裁が勇気ある判断!夫婦同姓は「合憲」

最高裁は「国民世論の多数が選択的夫婦別姓を容認している」というウソをちゃんと見抜いていた! 2015年判決に続く画期的な合憲判断。

朝日新聞のネット調査も、選択的夫婦別姓に反対が過半数

朝日新聞フォーラム面の「夫婦の姓、どう考えますか」というネット調査で、選択的夫婦別姓への反対が過半数を占め、賛成を約12ポイントも引き離している。

最新の内閣府「選択的夫婦別姓」調査は、同姓支持派が多数―マスコミ報道はミスリード

2018年2月に公表された内閣府の選択的夫婦別姓調査を、マスコミは「選択的夫婦別姓賛成が反対を上回った」と報じたが、ミスリードもしくはフェイクである。

社会調査論の専門家が批判、「選択的夫婦別姓に賛成7割」という選択的夫婦別姓・全国陳情アクションの調査は“ゴミ”

「選択的夫婦別姓に賛成7割」調査は“ゴミ”なのだそうだ。週刊新潮2021年6月24日号に大阪商業大学学長・谷岡一郎氏(専門は社会調査論)が寄稿。同姓支持派の方が別姓支持派より断然多い。